[調査・レポート]

国内SDN市場はVMware/Cisco/NECが3強、IDC Japan調査から

2018年8月16日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2018年8月16日、国内SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)市場に関するベンダーシェアを発表した。調査によると、2017年のシェアは、ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECが抜きん出ており、「3強+その他」という市場構造になっている。

 調査では、SDN市場の主要構成要素であるSDNコントローラー市場を、ソフトウェアライセンスとして提供する「NVO(ネットワーク仮想化オーバーレイ)ソフトウェア」と、「SDNコントローラーアプライアンス」(装置)に分けて分析した。

図1:2017年、国内NVOソフトウェア市場/SDNコントローラーアプライアンス市場のベンダー別分析。横軸はデータセンターネットワークに導入した比率。縦軸は2017年の売上額前年比成長率。円の大きさは2017年の売上額を相対的に表す(出典:IDC Japan)図1:2017年、国内NVOソフトウェア市場/SDNコントローラーアプライアンス市場のベンダー別分析。横軸はデータセンターネットワークに導入した比率。縦軸は2017年の売上額前年比成長率。円の大きさは2017年の売上額を相対的に表す(出典:IDC Japan)
拡大画像表示

 NVOソフトウェア市場は、ヴイエムウェアが70%以上のシェアを獲得し、一人勝ちと言える状況にある。IDC Japanは、この理由として、「強固なサーバー仮想化の顧客基盤」、「データセンター自動化の過程への適切な位置付け」、「マイクロセグメンテーションという武器」の3つを挙げる。

 SDNコントローラーアプライアンス市場は、シスコシステムズとNECが2大ベンダーとして市場を牽引し、シェアを2社で分け合う状況にある。

 シスコシステムズは、データセンターSDNの「Cisco ACI」が2017年の成長を牽引した。IDC Japanは、この理由として、データセンター向けイーサネットスイッチに対する高いロイヤルティと、Cisco ACIが持つポリシーの一貫性やデプロイメントの容易さが評価されているとみている。

 NECは、最初にSDN製品を市場に投入したベンダーの1つで、特に企業ネットワークSDN市場を孤軍奮闘しながら牽引してきたベンダーである。同社のSDN製品は、企業ネットワークを中心に、マルチテナントネットワーク仮想化やセキュリティ防御を得意領域としている。2017年は、「自治体ネットワーク強靭化」にともなう需要増加に加え、製造業の次世代工場ネットワークサービスなど新たな領域への展開を進め、着実に実績を上げてきている。

 今回の発表は、IDC Japanが発行した『国内ネットワーク仮想化市場シェア、2017年:国内SDN市場をリードする3強』(JPJ42893918)で詳細を報告している。本レポートでは、2017年の国内SDN市場に関して、NVOソフトウェアとSDNコントローラーアプライアンス市場について、ベンダーシェアとベンダー動向を分析している。

関連キーワード

SDN

関連記事

Special

-PR-

国内SDN市場はVMware/Cisco/NECが3強、IDC Japan調査からIDC Japanは2018年8月16日、国内SDN(ソフトウェア定義型ネットワーク)市場に関するベンダーシェアを発表した。調査によると、2017年のシェアは、ヴイエムウェア、シスコシステムズ、NECが抜きん出ており、「3強+その他」という市場構造になっている。

PAGE TOP