[新製品・サービス]

IIJ、各種クラウドのライセンス購入や利用状況の確認ができるポータルを提供

2018年8月29日(水)IT Leaders編集部

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2018年8月28日、Azure、AWS、Office 365などの各種クラウドサービスのライセンス購入や利用状況の確認をオンラインポータル上で行えるサービス「IIJクラウドライセンスポータル」を発表した。2018年10月15日から提供する。

 IIJは、「IIJ GIO with Microsoft Azure」および「IIJクラウドサブスクリプションライセンス」において、Azure、AWS、Office 365などのライセンスを提供している。今回、両サービスの付加機能として、専用Webサイトからユーザー自身でライセンスの発注や利用料の閲覧ができるポータル画面を追加した。

画面1:IIJクラウドライセンスポータルの画面例(出典:インターネットイニシアティブ)画面1:IIJクラウドライセンスポータルの画面例(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 ユーザーは、IIJクラウドライセンスポータルを利用することにより、オンライン発注後すぐにサービスを利用開始できる。ポータル上からクラウドサービスを選択し、追加したいライセンス数を入力するだけで、すぐに発注が完了する。

 さらに、利用料をグラフを通して把握できる。クラウドサービスごとの利用割合、利用状況に応じた従量課金の費用予測、過去の月ごとの利用金額なども参照できる。頻ぱんに変更になる各クラウドサービスの品目や価格情報と自動で連携する。

 なお、2018年10月15日の提供開始時点では、Azureの利用状況確認とAzureの予約インスタンスの申請ができる。順次、各種クラウドサービスのオンライン発注もできるようにする。

関連記事

Special

-PR-

IIJ、各種クラウドのライセンス購入や利用状況の確認ができるポータルを提供インターネットイニシアティブ(IIJ)は2018年8月28日、Azure、AWS、Office 365などの各種クラウドサービスのライセンス購入や利用状況の確認をオンラインポータル上で行えるサービス「IIJクラウドライセンスポータル」を発表した。2018年10月15日から提供する。

PAGE TOP