[新製品・サービス]

DNPとNEC、顔認証技術を活用した生体認証サービスで協業

2018年9月21日(金)IT Leaders編集部

大日本印刷(DNP)とNECは2018年9月20日、顔認証技術を活用した生体認証サービスを拡充するための製品・サービス開発において協業すると発表した。協業の第1弾として、DNPが金融機関向けに開発した、スマートフォンでの金融サービスのセキュリティ性と利便性を向上させる「本人認証・本人確認アプリ」や「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」に、NECの顔認証技術を活用したクラウド基盤「NeoFace Cloud」を適用させたサービスを、2019年3月から順次開始する。

 DNPは、金融機関向けに口座開設や決済などの各種取引をスマートフォンで安全に行える「本人認証・本人確認アプリ」などのサービスを提供している。協業では、本人認証・本人確認において、新たにNECの顔認証技術を活用することで、なりすましや不正使用などを防止する機能を拡充する。

 第1弾として、クラウド基盤「NeoFace Cloud」を適用した「本人認証・本人確認アプリ」の提供を2019年3月に開始する。その後、「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」や、「DNPカード即時発行サービス(KIOSK端末型)」などへの適用も予定している。

 NeoFace Cloudは、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を使用した顔認証クラウド基盤である。

関連記事

Special

-PR-

DNPとNEC、顔認証技術を活用した生体認証サービスで協業大日本印刷(DNP)とNECは2018年9月20日、顔認証技術を活用した生体認証サービスを拡充するための製品・サービス開発において協業すると発表した。協業の第1弾として、DNPが金融機関向けに開発した、スマートフォンでの金融サービスのセキュリティ性と利便性を向上させる「本人認証・本人確認アプリ」や「DNPスマートフォン向け銀行口座開設用アプリ」に、NECの顔認証技術を活用したクラウド基盤「NeoFace Cloud」を適用させたサービスを、2019年3月から順次開始する。

PAGE TOP