デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[事例ニュース]

ダイキン工業、顧客のオンライン上の行動を営業活動に活かすためOracleのクラウドサービスを導入

2018年9月27日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ダイキン工業の化学事業部は、クラウド型のMA(マーケティング自動化)サービス「Oracle Eloqua」と、クラウド型の顧客管理・営業支援サービス「Oracle Sales Cloud」を導入した。顧客のオンライン上の行動履歴を営業活動に活かし、営業活動の生産性を高めることが狙い。日本オラクルが2018年9月27日に発表した。

 ダイキン工業の化学事業部は、Webサイトの再構築と連動してデジタルマーケティングを強化している。今回、デジタルマーケティングを営業活動につなげ、顧客のオンライン上の行動履歴を営業活動に活用するため、マーケティング自動化サービスのOracle Eloquaと、営業支援サービスのOracle Sales Cloudを導入した。

 Oracle Eloquaの活用により、メールやリンクへのアクセスなど、顧客のオンライン上の行動を、詳細に把握・分析できる。より確度の高い見込み客(リード)を絞り込んだり、次のアクションを立案したりできるようになる。

 さらに、Oracle Eloquaで得たリードを営業担当者に割り当てて、Oracle Sales Cloudによって営業活動を記録することによって、マーケティング部門と営業部門とで情報を共有し、顧客情報を可視化できる。

 ダイキン工業では、日本だけでなく、米州と欧州を含めてOracle EloquaとOracle Sales Cloudを活用する意向である。より確度の高い見込み顧客を絞り込み、適切に営業と連携することで、ビジネスの獲得率を高める狙い。

関連記事

Special

-PR-

ダイキン工業、顧客のオンライン上の行動を営業活動に活かすためOracleのクラウドサービスを導入ダイキン工業の化学事業部は、クラウド型のMA(マーケティング自動化)サービス「Oracle Eloqua」と、クラウド型の顧客管理・営業支援サービス「Oracle Sales Cloud」を導入した。顧客のオンライン上の行動履歴を営業活動に活かし、営業活動の生産性を高めることが狙い。日本オラクルが2018年9月27日に発表した。

PAGE TOP