データセンター データセンター記事一覧へ

[新製品・サービス]

KCCS、北海道石狩市に再エネ100%のゼロエミッションデータセンターを建設すると発表

2019年1月7日(月)IT Leaders編集部

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2019年1月7日、再生可能エネルギー100%で運営するゼロエミッションデータセンターの開業に関する取り組みについて発表した。北海道と石狩市の協力を得て、2019年4月から着工し、2021年中に稼働を開始する予定。太陽光、風力、バイオマス発電と順次連携し、2022年に再エネ100%で稼働する計画という。

 KCCSはソーラー発電所建設/保守などのエンジニアリング、再生可能エネルギー(再エネ)の予測制御AIのノウハウを生かして、データセンター事業を展開している。また、親会社である京セラは太陽光発電モジュール、蓄電池、燃料電池、LED、EMS(Energy Management System)などへの取り組みを通じて、「創エネ、蓄エネ、省エネ」に関わる機器設計技術を蓄積している。

 これらをバックボーンにしてKCCSは、100%再エネで運営するゼロエミッションデータセンターを北海道石狩市に建設し、再エネ発電による電力供給とデータセンターの電力需要の一体運用を行うという。「高信頼性や電力コストの低減が求められるデータセンターを再エネ100%で運営することで、再エネが安定した電力供給源として信頼に足りることを示すとともに、コスト面においても事業として成立することを示し、再エネ利用の可能性を実証する」(同社)

 ゼロエミッションデータセンターは、太陽光、風力、バイオマスで発電した電力を自営線で結び、発電所から直接供給する。KCCSは、発電所から再エネが直接供給され、再エネ100%で稼働するデータセンターは日本初としている。また、地域の特性を生かして、夏場は冬に貯めた雪でサーバーを冷却する雪氷冷房システムも採用する(図1)。

図1:ゼロエミッションデータセンターのイメージ(出典:京セラコミュニケーションシステム)
拡大画像表示

 工期は、2019年4月から着工し2021年中に稼働開始予定で、太陽光、風力、バイオマス発電と順次連携し、2022年に再エネ100%で稼働する計画としている。

関連キーワード

KCCS / データセンター / 環境経営 / 北海道

関連記事

KCCS、北海道石狩市に再エネ100%のゼロエミッションデータセンターを建設すると発表京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2019年1月7日、再生可能エネルギー100%で運営するゼロエミッションデータセンターの開業に関する取り組みについて発表した。北海道と石狩市の協力を得て、2019年4月から着工し、2021年中に稼働を開始する予定。太陽光、風力、バイオマス発電と順次連携し、2022年に再エネ100%で稼働する計画という。

PAGE TOP