[ユーザー事例]

自社にとってのベストはどれ?─ダイソーが行ったBIツール徹底検証

2019年1月15日(火)杉田 悟(IT Leaders編集部)

データが企業の重要な資産と認識されるようになった現在、そのデータからビジネス価値を得るのに欠かせないのがBIツールだ。BIツールにもさまざまなものがあり、選定を間違えると業務効率に悪影響を及ぼしかねない。100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する大創産業は、主要BIツールを比較検証した結果、AWSの「Amazon QuickSight」を選定し活用している。2018年12月に開かれたAWSの説明会で、ダイソーの担当者が、他社製品との比較をどう実施したのか、コストはどのくらいかかったのかなどBIツール選定の経緯について詳しく語った内容をお伝えする。

写真1:ダイソー 情報システム部 システム開発1課 課長の丸本健二郎氏

 ダイソーが、約2カ月間という短い構築期間で導入した「Amazon QuickSight」。AWSが提供するBI(ビジネスインテリジェンス)クラウドサービスだ。AWSの説明会で、同社情報システム部 システム開発1課 課長の丸本健二郎氏が、既存のBIツールからQuickSightに移行した経緯をたっぷりと語った。

 以前、ダイソーは、BI環境としてオンプレミスで「QlikView」を利用していた。だが、5270店舗で7万商品を扱うダイソーの膨大なデータ量がたたって、処理スピードが遅い、データベースの膨大なデータの一部しかQlickViewに取り込めないといった問題に直面する。

「全部チェンジしろ」の一声で新たなBIツールの選定に

 社内で1番のハイスペックマシンで挑んだにもかかわらず、処理が重い。そのためオンプレミスは断念して、インフラをクラウドに移行することにした。豊富な実績を評価して、クラウドはAWSに決めていたが、経営陣から「どうせ変えるなら全部チェンジしろ」と檄を飛ばされていたため、QlickViewの継続利用は断念、AWS上で稼働させるBIツールを新たに探すことになった(図1)。

図1:インフラをAWSに移すならBIツールも刷新すべきと経営陣からアドバイスされた(出典:ダイソー)
拡大画像表示

 候補は、ガートナーのMagic Quadrantで、QlickViewとともに常にリーダーに選ばれているマイクロソフトの「Power BI」と「Tableau(タブロー)」。すでにインフラがAWSに決定していたため、この時点でPower BIは選考外となった。最終的にAWSとの事例も多く相性が良さそうなTableauを選定、早速PoCに入ることになった。

 「狙うべくはハイパフォーマンス」(丸本氏)ということで、ETLサービスの「AWS Glue」と、Amazon EC2にTableau Desktop層、Tableau Server層という構成を組んで処理を行ってみたが、思ったようなパフォーマンスを得ることはできなかった。そこでDWH層にAmazon Redshiftを組み込む構成を検討することにした(図2)。「この構成こそがAWSでTableauを利用する場合のデファクトスタンダードだと教えられた」(丸本氏)。

図2:パフォーマンスを出すには必要な構成だが果たしてコストは(出典:ダイソー)
拡大画像表示

●次ページ:自社に最適なBIツールを選ぶためにダイソーがやったこと

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

ダイソー / BI / DWH / アナリティクス / QuickSight / Tableau / QlikView / 小売

関連記事

Special

-PR-

自社にとってのベストはどれ?─ダイソーが行ったBIツール徹底検証データが企業の重要な資産と認識されるようになった現在、そのデータからビジネス価値を得るのに欠かせないのがBIツールだ。BIツールにもさまざまなものがあり、選定を間違えると業務効率に悪影響を及ぼしかねない。100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する大創産業は、主要BIツールを比較検証した結果、AWSの「Amazon QuickSight」を選定し活用している。2018年12月に開かれたAWSの説明会で、ダイソーの担当者が、他社製品との比較をどう実施したのか、コストはどのくらいかかったのかなどBIツール選定の経緯について詳しく語った内容をお伝えする。

PAGE TOP