[市場動向]

富士通、デジタルアニーラで組み合わせ最適化問題を高速に解くコンテストを実施

2019年1月15日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2019年1月15日、「デジタルアニーラ」の普及促進を目的に、従来のコンピュータでは解を得ることが困難な問題をデジタルアニーラで解くコンテストを、2019年2月から3月まで開催すると発表した。技術者コミュニティ「Topcoder」に登録している世界138万人以上(2018年12月1日時点)のメンバーが対象。Topcoderを活用したサービスを国内で展開するTC3とともに開催する。

 デジタルアニーラは、様々な要因の組み合わせを考慮しながら最適解を見つけ出す“組み合わせ最適化問題”を高速に解くための計算機のアーキテクチャである。デジタル回路の利点(高い設計自由度やノイズ耐性)と、量子現象に着想を得た高速性をあわせ持っている。現行の量子アニーリングマシンでは扱うことができなかったような複雑で大規模な問題も解くことができる。

 富士通は2018年5月15日から、デジタルアニーラを利用するためのサービスとして、クラウドサービス「デジタルアニーラクラウドサービス」と、システム構築サービス「デジタルアニーラテクニカルサービス」を提供している。2019年2月22からは、デジタルアニーラのサーバーをクラウドではなくオンプレミスに設置できる「オンプレミスサービス」も提供する(関連記事富士通、組み合わせ最適化を解くデジタルアニーラを8192ビットに拡張、オンプレ設置も可能に)。

 今回富士通は、従来のコンピュータでは解を得ることが困難な問題をデジタルアニーラで解くコンテストを開催する(画面1)。技術者コミュニティであるTopcoderに登録している世界138万人以上のメンバーが対象となる。富士通とTC3は、コンテストを通じて、デジタルアニーラの普及促進を目指すとともに、難易度の高い問題におけるTopcoderとの連携効果を検証する。

画面1:コンテスト告知ページのWeb画面画面1:コンテスト告知ページのWeb画面
拡大画像表示

 コンテストでは、デジタルアニーラの利用方法をハンズオン形式で学ぶラーニングコンテストに参加した上で、実際にデジタルアニーラを用いて特定の問題を解決し、計算速度と解の良さなどを競う(表1)。エンジニアは、Topcoderのメンバーになることによって、世界中どこからでもコンテストに参加できる。

表1:コンテストの概要
日程 2019年2月1日~3月初旬(約10日間×3回) ラーニングコンテスト
2019年3月中旬~3月下旬(約2週間) 競技コンテスト
競技内容 最適化問題を「デジタルアニーラ」で解くにあたり、一度の計算では解を出せない大規模問題を、速くかつ正確に計算可能とする最適な分割方法を競う
参加対象者 「Topcoder」に登録している世界の技術者
コンテスト告知URL http://www.topcoder.com/lp/digitalannealer
関連キーワード

アニーリング / 富士通 / 量子コンピュータ / ハッカソン

関連記事

富士通、デジタルアニーラで組み合わせ最適化問題を高速に解くコンテストを実施富士通は2019年1月15日、「デジタルアニーラ」の普及促進を目的に、従来のコンピュータでは解を得ることが困難な問題をデジタルアニーラで解くコンテストを、2019年2月から3月まで開催すると発表した。技術者コミュニティ「Topcoder」に登録している世界138万人以上(2018年12月1日時点)のメンバーが対象。Topcoderを活用したサービスを国内で展開するTC3とともに開催する。

PAGE TOP