[事例ニュース]

アビームコンサルティング、執行役員・管理職を対象に「睡眠改善プログラム」をトライアル導入

2019年2月19日(火)IT Leaders編集部

アビームコンサルティングは2019年2月18日、社員の健康増進および生産性向上を目的にニューロスペースが提供する「睡眠改善プログラム」のトライアル導入を開始したと発表した。

 アビームコンサルティングでは、社員をビジネス界のアスリート「Business Athlete」として定義している。顧客の継続的な企業価値の向上に貢献するために、社員自らが健康を管理して高いパフォーマンスを維持することが重要であると考えている。このために「ウェルビーイング・イニシアティブ」を立ち上げ、健康経営を経営戦略の1つとし、さまざまな施策に取り組んでいる。

写真1:トライアル対象者向けに実施したフォローアップセミナーの様子(出典:アビームコンサルティング)写真1:トライアル対象者向けに実施したフォローアップセミナーの様子(出典:アビームコンサルティング)
拡大画像表示

 ウェルビーイングを推進する柱である「ビジネスアスリート・サポートプログラム」においては、食事、運動、睡眠などの生活習慣の向上に向け、社内セミナーや健康増進イベントを実施している。なかでも、睡眠については、その質が日々のパフォーマンス向上につながると考え、睡眠効果を高めるための睡眠教育セミナーの定期開催や、昼休み中の「Power Nap(仮眠)」の実践を推進してきた。

 今回、多くの企業において睡眠改善を通じた働き方改革・健康経営促進に実績を持つニューロスペース(東京都墨田区)が提供する「Sleep Tech」を活用した睡眠改善プログラムのトライアル導入を決めた。トライアル参加者の健康増進や生産性向上を検証する(写真1)。

 個人の勤務形態や通勤時間といったプロファイルや、専用の睡眠計測デバイスで取得する日々の計測データによって、1人ひとりの睡眠の課題を見える化する。モバイルアプリを通じて個人に最適化したアドバイスを提供する。これにより、具体的な行動変容を促し、パフォーマンスの向上を図る。

 トライアル導入では、アビームコンサルティングの執行役員・管理職を対象に実施し、効果を検証する。そのうえで、全社員向けに本格導入を予定している。

関連キーワード

アビームコンサルティング / 働き方改革

関連記事

Special

-PR-

アビームコンサルティング、執行役員・管理職を対象に「睡眠改善プログラム」をトライアル導入アビームコンサルティングは2019年2月18日、社員の健康増進および生産性向上を目的にニューロスペースが提供する「睡眠改善プログラム」のトライアル導入を開始したと発表した。

PAGE TOP