[新製品・サービス]

BIソフト新版「MicroStrategy 2019」、マウスオーバーで関連情報をカード表示する新機能

2019年3月22日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米MicroStrategyの日本法人、マイクロストラテジー・ジャパンは2019年3月22日、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアの新版「MicroStrategy 2019」を発表した。2019年2月から提供している。新版には、Webブラウザで閲覧中の製品名や社名などの文字にマウスオーバーするだけで関連情報をカード型でポップアップ表示する新機能「HyperIntelligence」が備わっている。

写真1:マイクロストラテジー・ジャパンでプレジデントを務める印藤公洋氏写真1:マイクロストラテジー・ジャパンでプレジデントを務める印藤公洋氏
拡大画像表示

 MicroStrategy 2019は、売上などの実績の分析から、需要予測や在庫予測などの予測分析まで、広範な用途をカバーするBIソフトウェアである。データ分析の専門家から、経営者、現場の業務担当者まで、それぞれの立場に向けた分析機能やレポート機能を同一システムより提供する。

 「営業とマーケティングに金をかけないので認知度が低いが、製品開発に金をかけているので、製品は優れている」。マイクロストラテジー・ジャパンでプレジデントを務める印藤公洋氏(写真1)は、こうアピールする。「買収をせず、自社で開発しているので、製品のアーキテクチャが美しい」(印藤氏)。

 新版のMicroStrategy 2019には、新たな機能として、HyperIntelligence機能が備わっている。同機能を使うと、BIソフトのWeb画面やSalesforce.comなどのWebアプリケーション画面において、会社名や製品名などの文字にマウスオーバーするだけで、クリックすることなく関連情報をカード型のポップアップで表示できる(図1)。

図1:任意のWeb画面において、会社名や製品名などの文字にマウスオーバーするだけで、クリックすることなく関連情報をカード型のポップアップで表示できる(出典:マイクロストラテジー・ジャパン)図1:任意のWeb画面において、会社名や製品名などの文字にマウスオーバーするだけで、クリックすることなく関連情報をカード型のポップアップで表示できる(出典:マイクロストラテジー・ジャパン)
拡大画像表示

 HyperIntelligence機能は、Webブラウザのプラグインとして実装している。このため、Web画面であれば、Outlook、Salesforce.com、Office 365、Power BIなど、任意のWeb画面で利用できる。プラグインが使えるWebブラウザは、現在はGoogle Chromeに限られるが、今後増やしていく計画である。

 事前準備として、関連情報となるカード情報を手動で定義しておく必要がある。カードに表示するデータベースの項目を選んで登録する。こうして事前に定義しておけば、該当の文字(製品名など)がWeb画面に含まれていた場合に、該当する文字にアンダーラインが引かれた状態になる。マウスカーソルを文字に合わせるだけでカード情報が出てくる(画面1)。

画面1:Excelデータに含まれる社名部分に、関連情報のアンダーラインを表示している。マウスオーバーによってカード型の関連情報を表示している(出典:マイクロストラテジー・ジャパン)画面1:Excelデータに含まれる社名部分に、関連情報のアンダーラインを表示している。マウスオーバーによってカード型の関連情報を表示している(出典:マイクロストラテジー・ジャパン)
拡大画像表示

 「知りたい関連情報を、その場ですぐに参照できる」と、印藤氏はHyperIntelligence機能を評価する。「従来のBIは、数日単位の戦略的な意思決定を得意としていた。一方で、企業の現場では、数秒単位の瞬間瞬間の意思決定がなされており、こちらの方が多い」(印藤氏)。

 会見では、今後登場する新機能についても紹介した。まず、音声認識機能を活用した機能「HyperVoice」を追加する。自然文を音声で話しかけることによって、知りたい情報を問い合わせられるようにする。さらに、画像認識機能を活用した機能「HyperVision」を追加する。社員や製品パッケージなどを画像認識で認識して、認識結果に応じた情報を表示できるようにする。

 MicroStrategy 2019の価格(税別)は、ユーザーライセンスの場合、買い取りで、1ユーザー当たり700ドルから(ボリューム割引あり)。CPUコアライセンスの場合、1コア当たり3万5000ドルとなっている。

関連キーワード

MicroStrategy / UI/UX / アナリティクス

関連記事

Special

-PR-

BIソフト新版「MicroStrategy 2019」、マウスオーバーで関連情報をカード表示する新機能米MicroStrategyの日本法人、マイクロストラテジー・ジャパンは2019年3月22日、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアの新版「MicroStrategy 2019」を発表した。2019年2月から提供している。新版には、Webブラウザで閲覧中の製品名や社名などの文字にマウスオーバーするだけで関連情報をカード型でポップアップ表示する新機能「HyperIntelligence」が備わっている。

PAGE TOP