デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[事例ニュース]

京葉銀行、Salesforceのマーケティング自動化ツールを採用、非対面チャネルを強化

2019年5月14日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

京葉銀行は、オムニチャネルによる顧客体験の向上を狙って、コミュニティサイト構築サービス「Salesforce Community Cloud」と、マーケティング自動化(MA)サービス「Salesforce Marketing Cloud」を採用した。セールスフォース・ドットコムが2019年5月14日に発表した。

 京葉銀行は、非対面チャネルによってオムニチャネルを強化するため、2019年5月に住宅ローンと住宅特典フリーローンの申し込みサイトを開設した。サイトの基盤として、Salesforce Marketing Cloudを用いた。

 マーケティング自動化サービスのSalesforce Marketing Cloudを通じて、インターネットバンキングの既契約者に向けて、顧客ごとに個別に最適化した内容でメールを配信できるようにした。

 Salesforce Marketing Cloudではまた、顧客の行動履歴を通じて顧客への理解を深める。これにより、顧客の好みに応じてサービスなどを提案していく。

関連記事

Special

-PR-

京葉銀行、Salesforceのマーケティング自動化ツールを採用、非対面チャネルを強化京葉銀行は、オムニチャネルによる顧客体験の向上を狙って、コミュニティサイト構築サービス「Salesforce Community Cloud」と、マーケティング自動化(MA)サービス「Salesforce Marketing Cloud」を採用した。セールスフォース・ドットコムが2019年5月14日に発表した。

PAGE TOP