開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[事例ニュース]

アサヒ装設、モバイルアプリ開発基盤「Platio」使い出荷報告アプリを3日で開発

2019年6月14日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アサヒ装設は、モバイルアプリをノンコーディングで開発できるサービス「Platio」(アステリア製)を導入し、「出荷報告アプリ」を3日で開発した。注文を受けた商品の出荷状況を速やかに把握できるようになり、営業担当業務のスピードアップを図った。Platioを提供したアステリアが2019年6月13日に発表した。

 アサヒ装設は、フライヤーやオーブン、粉付け機といった食品加工機械の製造・販売を手がける石川県白山市のメーカーである。これまで同社は、顧客からの受注と社内への発注を行う営業担当と、仕入れ発注と出荷を担当するCS(カスタマーサービス)部の間で、チャットツールを使ってやりとりしていた。

図1:製品の出荷情報をスマートフォンから簡単に確認できるアプリ「出荷報告アプリ」を3日で構築した(出典:アステリア)図1:製品の出荷情報をスマートフォンから簡単に確認できるアプリ「出荷報告アプリ」を3日で構築した(出典:アステリア)
拡大画像表示

 営業担当は、顧客から発送状況の問い合わせを受けると、CS部が登録した出荷時の送り状の画像データを確認して対応していた。しかし、チャットツールは情報を検索しづらいため、該当の送り状画像を探し出すまでに何度もファイルを開く作業が必要になっていた。こうした課題を解決するためにPlatioを導入した(図1)。

 Platioを採用したポイントは、大きく3つある。1つ目は、コストをかけずに社内で専用のアプリを制作できることである。2つ目は、エンドユーザーの意見を聞きながらアプリを改善できるため、現場に定着しやすいことである。3つめは、テンプレートが豊富にあるため、業務への活用範囲を広げやすく、自社システムの足りない部分を補完するアプリを作成できることである。

 Platioを導入した効果はこうだ。Platioを活用して開発した「出荷報告アプリ」では、送り状の画像を一覧で確認できる。該当の情報をすぐに見つけられるようになった。情報検索の手間が省け、顧客を待たせることなく速やかに問い合わせに対応できるようになった。また、現場の要望や課題をアプリの機能へと迅速に反映できるため、スムーズに運用を開始できたとしている。今後は、工場における始業点検での活用を検討している。

 なお、Platioは、物流や小売店舗の業務を支援するモバイルアプリケーションを、ノンプログラミングで開発できるようにした、クラウド型のアプケーション開発基盤である(関連記事インフォテリア、モバイルアプリ開発クラウドに物流/小売向け開発テンプレートを追加)。クラウドにアクセスした状態で、Webブラウザ上の設定だけでアプリケーションを開発できる。

 開発したアプリケーションもクラウド型で動作する。クライアント環境として、モバイル端末(iPhone/iPad)上に、専用のクライアントモジュールをインストールして使う。専用のクライアントソフトからクラウドにログインすれば、アプリケーションを利用できる。

 アプリケーション開発のひな形として、物流や流通・小売向けに使えるテンプレートを用意している。テンプレートをベースにカスタマイズすることで、1から開発するよりも素早くアプリケーションを開発できる。

関連キーワード

アサヒ装設 / モバイル / 製造 / 石川県 / アステリア

関連記事

Special

-PR-

アサヒ装設、モバイルアプリ開発基盤「Platio」使い出荷報告アプリを3日で開発アサヒ装設は、モバイルアプリをノンコーディングで開発できるサービス「Platio」(アステリア製)を導入し、「出荷報告アプリ」を3日で開発した。注文を受けた商品の出荷状況を速やかに把握できるようになり、営業担当業務のスピードアップを図った。Platioを提供したアステリアが2019年6月13日に発表した。

PAGE TOP