[新製品・サービス]

デージーネット、リモート接続を集約するOSS「Apache Guacamole」を日本語化して公開

2019年7月2日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

デージーネットは2019年7月2日、リモートワークにおけるリモートデスクトップ接続を安全に運用できるオープンソース「Apache Guacamole」を日本語化したと発表した。ユーザーによるアクセス制御ができるほか、リモートデスクトップ接続時の操作内容を記録できる。日本語化したソフトウェアは無償で入手できる。

 Apache Guacamoleは、コンピュータへのリモート接続の踏み台となるWebアプリケーションである(図1)。エンドユーザーは、HTML5対応のWebブラウザを介してApache Guacamoleにアクセスする。これにより、Apache Guacamoleからリモート接続したコンピュータを、Webブラウザ画面を介して操作できる。

図1:Apache Guacamoleの概要(出典:デージーネット)図1:Apache Guacamoleの概要(出典:デージーネット)
拡大画像表示

 コンピュータへのリモート接続手段としては、Windows標準のリモートデスクトップ手段であるRDP、WindowsやLinuxなど各種OSを操作できるリモートデスクトップソフトのVNC(Virtual Network Computing)、キャラクタ端末画面によるリモート操作ができるSSH/Telnet、などが使える。

 Apache Guacamoleは、リモートデスクトップ接続の踏み台として機能する。このため、エンドユーザーの端末から直接コンピュータにリモート接続する場合と比べて、セキュリティを強化できる。ユーザー/グループごとにアクセスを制御できるほか、リモート接続時の操作内容を動作ログや動画として記録しておける。

 操作ログや画面操作を動画で残せることから、何か問題が発生した場合に原因を突き止められる。情報漏洩の抑止力になる。さらに、操作を記録することによって、怠慢な働き方(サボり)を防止できる。

 また、1つの画面を同時に複数人で共有する使い方もできる。1つの画面を同時に複数人で遠隔操作することもできる。

 今回デージーネットは、OSSのApache Guacamoleを日本語化し、日本語版や関連情報を公開した。ユーザーは、日本語版を無償で利用できる。背景には、Webインターフェースが日本語化されていないことから、日本であまり普及していないという状況がある。

 デージーネットではまた、関連するSIサービスも提供する。システム構築サービスや、導入後の支援サービスを提供する。

関連キーワード

デージーネット / リモートアクセス

関連記事

Special

-PR-

デージーネット、リモート接続を集約するOSS「Apache Guacamole」を日本語化して公開デージーネットは2019年7月2日、リモートワークにおけるリモートデスクトップ接続を安全に運用できるオープンソース「Apache Guacamole」を日本語化したと発表した。ユーザーによるアクセス制御ができるほか、リモートデスクトップ接続時の操作内容を記録できる。日本語化したソフトウェアは無償で入手できる。

PAGE TOP