[新製品・サービス]

コネクシオ、IoTとARを組み合わせた設備保全システムを販売

2019年8月26日(月)IT Leaders編集部

コネクシオは2019年8月23日、仏シュナイダーエレクトリックの製造現場向けAR(拡張現実)製品「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」と、コネクシオのIoTサービスを連携させたシステム製品「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」を発表した。

 機器の導入支援からARコンテンツ開発、PLCおよびセンサーなどとのIoTデータ連携まで支援する(図1)。例えば、確実な点検の記録、ミスの防止、設備保全作業全般の効率化、作業ノウハウの迅速な共有・平準化による効果的な人材育成、などを支援する。

図1:関連資料の参照が可能(出典:コネクシオ)図1:関連資料の参照が可能(出典:コネクシオ)
拡大画像表示

 作業者がタブレットのカメラを設備にかざすと、詳細データやマニュアル、操作ガイドを画面に表示する。制御盤を開けたり高所に上ったりせずに対象機器内部のデータを確認できるため、点検時間を短縮でき、作業の安全性も向上できる。

 操作ガイドを確認しながらステップバイステップで点検作業を進められるため、不慣れな作業者でも作業ミス/記録ミスを防ぐことができる。また、熟練者の手本動画をコンテンツ内に組み込み、その場で参照しながら作業を進めることも可能だ。

 点検アプリケーションは、現場をカメラ認識しないと起動しないため、未実施や抜けを防止でき、確実に点検項目を記録できる。また、誰がいつどのくらいの時間をかけて点検したか自動的にサーバーに記録するため、改竄も防げる。

 すべてのマニュアルをタブレットから参照できるので、紙マニュアルを持ち歩くことは不要になる。

 PLCデータソース(標準機能)に加え、様々なセンサーやアナログメーターなどのIoTデータを、ARサーバーに連携することができる。設備保全とIoTデータを連携することにより、異常や故障予兆をIoTデータから判断して、作業者に通知することが可能になる。

 また、点検で異常を発見した際に、関連するIoTデータを同時に記録しておくことで、様々な相関関係や因果関係を分析できるようになり、根本的な対策をとることが容易になる。

関連キーワード

コネクシオ / Schneider Electric / VR/AR/MR

関連記事

Special

-PR-

コネクシオ、IoTとARを組み合わせた設備保全システムを販売コネクシオは2019年8月23日、仏シュナイダーエレクトリックの製造現場向けAR(拡張現実)製品「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」と、コネクシオのIoTサービスを連携させたシステム製品「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」を発表した。

PAGE TOP