[新製品・サービス]

アイレット、cloudpackでGCPの請求代行サービスを開始

2019年9月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイレットは2019年9月5日、Google Cloud Platform(GCP)への支払いを代行する「請求代行サービス」を発表した。同日付で提供を開始した。先行して提供しているAWSの請求代行サービスと同様に、GCPの利用料金を3%割り引いて利用できるほか、請求書払いで支払える。

 アイレットは2019年7月 Google Cloudパートナープログラムにおけるプレミアサービスパートナーの認定を取得した。これを受けて、GCPの構築サービスを提供開始した(関連記事アイレット、cloudpackでAWSに加えてGCPの構築・運用サービス)。今回、請求代行サービスもGCPに対応した。

 GCPの請求代行サービスでは、AWSの請求代行サービスと同様のメリットを得られる(図1)。パブリッククラウドサービスの利用料金を3%割り引いて利用できるほか、クレジットカード支払いではなく経理処理が簡単な請求書払いで料金を支払える。サポートも無料で利用できる。技術サポートを24時間受け付け、平日の10時~19時の営業時間内にて対応する。

図1:GCPを対象とした請求代行サービスのメリット(出典:アイレット)図1:GCPを対象とした請求代行サービスのメリット(出典:アイレット)
拡大画像表示
関連記事

Special

-PR-

アイレット、cloudpackでGCPの請求代行サービスを開始アイレットは2019年9月5日、Google Cloud Platform(GCP)への支払いを代行する「請求代行サービス」を発表した。同日付で提供を開始した。先行して提供しているAWSの請求代行サービスと同様に、GCPの利用料金を3%割り引いて利用できるほか、請求書払いで支払える。

PAGE TOP