[新製品・サービス]

日立製作所、SNSやアプリストアなどを監視してブランド侵害コンテンツを検知するサービス

2019年9月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立製作所は2019年9月12日、企業のブランド価値の維持・向上を支援するサービス「ブランドモニタリングサービス」を発表した。インターネット上のSNSやブログなどを監視して、ブランド価値を落とす可能性のある情報を検出する。2019年10月1日から提供する。価格は、個別見積もりとなっている。

 日立製作所の「ブランドモニタリングサービス」は、インターネット上のSNSやブログなどを監視して、企業のブランド価値を落とす可能性のある情報を検出するサービスである。Web検索技術とテキスト/画像認識AIを活用し、ユーザーが指定したサイトを網羅的に監視する。定期分析レポートや管理ポータルを介して情報を提供する(図1)。

図1:ブランドモニタリングサービスの概要(出典:日立製作所)図1:ブランドモニタリングサービスの概要(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 中核技術として、日立製作所独自のクローラ技術や、リスクワードを文意などから自動判別するテキスト認識AI、ロゴや製品画像などの固有の特徴(形状・色合い・模様)を識別する画像認識AIを採用している。

 クローラ技術によって、一般の検索エンジンでは収集できない深層Web(URLやキーワード指定以外の操作が必要なWebサイト)を含めて情報を収集する。テキスト認識AIと画像認識AIは、あらかじめ学習した社名やロゴ、製品などの表示基準、ブランドルールを基に、収集した情報がブランドに関連する情報か否か、ガイドラインに基づいて適切に利用されているかを判断する。

●Next:ブランドモニタリングサービスの具体的な機能

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

日立製作所 / ブランドマーケティング / 情報漏洩対策

関連記事

Special

-PR-

日立製作所、SNSやアプリストアなどを監視してブランド侵害コンテンツを検知するサービス日立製作所は2019年9月12日、企業のブランド価値の維持・向上を支援するサービス「ブランドモニタリングサービス」を発表した。インターネット上のSNSやブログなどを監視して、ブランド価値を落とす可能性のある情報を検出する。2019年10月1日から提供する。価格は、個別見積もりとなっている。

PAGE TOP