[新製品・サービス]

IIJ、自社DCにリチウムイオン蓄電池、夜間に充電した電力を日中使って空調設備の電気代を削減

2019年10月21日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年10月21日、自社データセンター「白井データセンターキャンパス」(千葉県白井市、白井DCC)に、米Tesla製の産業用リチウムイオン蓄電池「Powerpack」を導入したと発表した。2019年11月1日から稼働を開始する。空調電力のピーク電力を15%カットし、2035年までの15年間で電力を5000万円削減するとしている。

 IIJは、自社データセンターの白井データセンターキャンパス(白井DCC)に、産業用リチウムイオン蓄電池のPowerpackを導入した(写真1)。これまで使っていた鉛蓄電池の代わりに、空調電力のバックアップ用電源として導入した。維持費用は、従来の鉛蓄電池と同等としている。関電エネルギーソリューションのユーティリティサービスとして導入した。

写真1:白井データセンターキャンパスに導入した、産業用リチウムイオン蓄電池「Powerpack」の外観写真1:白井データセンターキャンパスに導入した、産業用リチウムイオン蓄電池「Powerpack」の外観
拡大画像表示

 最大の特徴は、停電に備えたバックアップの使い方に加えて、放電によって空調電力の一部をまかなうことである。電力消費が少ない夜間に充電した電力を、昼間の電力ピーク時に放電する。これにより、空調設備の電力の基本料金の元となるピーク電力のデマンド値を約15%削減する。

 データセンターで消費する電力のうち、サーバーなどのITリソースの電力は、昼夜を通してほぼ一定である。一方、空調電力は変動し、日中は上がるが夜間は下がる。これを利用して、夜間に充電した電力を日中に放電することで、ピーク電力を昼夜を通して平準化できる(図1)。

図1:夜間に充電した電力を日中に放電することで、ピーク電力を昼夜を通して平準化する(出典:インターネットイニシアティブ)図1:夜間に充電した電力を日中に放電することで、ピーク電力を昼夜を通して平準化する(出典:インターネットイニシアティブ)
拡大画像表示

 なお、白井データセンターキャンパスは、IIJが自社で保有するデータセンターの1つである。2019年5月に1000ラック規模で運営を開始した。

関連記事

Special

-PR-

IIJ、自社DCにリチウムイオン蓄電池、夜間に充電した電力を日中使って空調設備の電気代を削減インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年10月21日、自社データセンター「白井データセンターキャンパス」(千葉県白井市、白井DCC)に、米Tesla製の産業用リチウムイオン蓄電池「Powerpack」を導入したと発表した。2019年11月1日から稼働を開始する。空調電力のピーク電力を15%カットし、2035年までの15年間で電力を5000万円削減するとしている。

PAGE TOP