[市場動向]

ISID、ユーザーのデジタル変革を支援する「AIトランスフォーメーションセンター」を設置

2020年2月12日(水)IT Leaders編集部

電通国際情報サービス(ISID)は2020年2月10日、企業のデジタル変革(DX)に向けたAI活用を支援することを目的に、全社のAI人材と知見を集約した横断組織「AI トランスフォーメーションセンター」を設置した。

 企業におけるDXの進展にともない、多くの企業がAIを活用した事業創出や業務革新を本格化させている。こうした環境変化に応えるため、ISIDでは2016年に設置したAI専任組織を中核に、製造業の設計開発をはじめとする多様な領域で、業務ごとの特性に応じたAI関連のサービスを開発し、適用を支援してきた。

 ISIDは、これまでに、時系列データを利用した動作予測や予兆検知サービス、深層強化学習で機械制御を最適化していくためのAIモデル構築や因果分析サービスなど、製造業を中心に100を超えるAIプロジェクトの推進実績を持つ。

 また、2019年に開始した3カ年の中期経営計画では、テクノロジ、業界、企業、地域などの枠を超えた「X Innovation(クロスイノベーション)」を通じ、FinTech、デジタルマーケティング、スマートエンタープライズ、ものづくり革新、――などの領域における新ビジネス創出を推進している。

 今回のAIトランスフォーメーションセンターは、こうした取り組みを加速させる。社内のAI人材と知見を集約し、ISIDの全事業領域における顧客企業に対する付加価値の最大化を目的としている。

 AI トランスフォーメーションセンターの主な役割は以下の通り。

  1. 顧客ビジネス課題解決のためのAI製品企画・開発
  2. 最新AI関連技術・リソースの集約およびAIスタートアップ企業・学術機関などとの連携強化
  3. 幅広い業種に対するAIサービス提供のための全社横断サポート
  4. 顧客企業の社内AI人材育成支援
関連キーワード

ISID / デジタルトランスフォーメーション

関連記事

Special

-PR-

ISID、ユーザーのデジタル変革を支援する「AIトランスフォーメーションセンター」を設置電通国際情報サービス(ISID)は2020年2月10日、企業のデジタル変革(DX)に向けたAI活用を支援することを目的に、全社のAI人材と知見を集約した横断組織「AI トランスフォーメーションセンター」を設置した。

PAGE TOP