[新製品・サービス]

顔認識で最大16人の体温を同時に非接触で検知するサーモカメラシステムーザインエレクトロニクス

2020年2月21日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ザインエレクトロニクスは2020年2月21日、新型コロナウイルスへの対策の1つとして、最大で16人の体温を同時に非接触で検知できるサーモカメラシステムを2020年第1四半期にリリースすると発表した。顔認識機能などを用いている。グループ会社のキャセイ・トライテックが企画・開発した製品であり、キャセイ・トライテックが販売する。価格は一式で300万円程度としている。

 ザインエレクトロニクスの連結子会社で、M2Mソリューションを手がけるキャセイ・トライテックは、最大で16人の体温を同時に非接触で検知できるサーモカメラシステムをリリースする(図1)。企業・事業者の新型コロナウイルス対策のニーズに応えるとしている。

 大勢の人が集まる場所で、体温の高い人を、同時多数かつ高速に検知できる。これに対して、従来のサーモグラフィー測定の多くは、1人ずつなど少数の測定をベースにするため、大勢の人の流れを高速に処理することが困難だった。

図1:最大で16人の体温を同時に非接触で検知できるサーモカメラシステムの概要(出典:ザインエレクトロニクス)図1:最大で16人の体温を同時に非接触で検知できるサーモカメラシステムの概要(出典:ザインエレクトロニクス)
拡大画像表示

 新たに開発したシステムの特徴は、顔認証の仕組みを用いて、多数者を同時に検出できること。サーモカメラとして、可視光を撮影するレンズと、温度を測るための赤外線を撮影するレンズを両方備えた、2眼式のサーモカメラを使う。こうして撮影した可視光の映像を用いて、個々の顔を検出する。対象者がマスクを装着していても一定以上の認識率がある、としている。

 もう1つの特徴は、熱計測の精度を高める工夫として、黒体(Black Body:赤外線を活用する温度計の参照物)を併用することである。サーマルカメラの撮影画像に黒体が写り込むように設置して使う。黒体を使わない方法と比べて3分の1程度の誤差で済むとしている。この結果、誤差は摂氏0.3度以下としている。

 今回のシステムは、監視したい場所で、三脚または天井取付で使う(表1)。熱のある一般来場者の認識・追尾や、大規模事業所の多数勤務者の体温の定期測定などに利用できる。例えば、新型ウイルス受診の目安として政府の専門家会議が公表した「発熱37.5度×4日以上」の条件に該当する勤務者を、一定の条件下で確認できる。

表1:同時多数者非接触体温検知型AI顔認証システムの概要
同時認識人数 最大16名
誤差 摂氏0.3度以下
測定スピード 30ミリ秒~100ミリ秒
設置方法 三脚または天井取付
顔認識 顔を検出・認識できる(マスク装着時でも一定以上の認識率あり)。自動追尾および定期測定などが可能

 今回のサーマルカメラシステムは、中国の画像認識AI企業であるYITU Technologyと協業して提供する。YITU Technologyは、新型コロナウイルス対策のため、2020年に入って中国で約100万台、中国以外の国でも数十万台のシステムの受注実績がある。国内での提供価格は、システム一式で300万円程度としている。

関連キーワード

ザインエレクトロニクス / 顔認証 / 生体認証 / 新型コロナウイルス / BCP / パンデミック / キャセイ・トライテック

関連記事

Special

-PR-

顔認識で最大16人の体温を同時に非接触で検知するサーモカメラシステムーザインエレクトロニクスザインエレクトロニクスは2020年2月21日、新型コロナウイルスへの対策の1つとして、最大で16人の体温を同時に非接触で検知できるサーモカメラシステムを2020年第1四半期にリリースすると発表した。顔認識機能などを用いている。グループ会社のキャセイ・トライテックが企画・開発した製品であり、キャセイ・トライテックが販売する。価格は一式で300万円程度としている。

PAGE TOP