[海外動向]

年次カンファレンスから見えてきた米EMCのビジネス戦略~EMC World 2012

2012年7月2日(月)

データ特性に応じた多彩なストレージを拡充 フラッシュ全盛期に向けた準備も進める 2012年5月21日〜24日/ラスベガス 企業が扱うデータは増え続け、それをいかにビジネス価値に結び付けるかが問われている。そうした中で、ますます重要性を増している製品分野の1つがストレージだ。最大手の米EMCは今、どんな戦略を持っているのか。年次カンファレンスのトピックを伝える。

「ビッグデータとクラウドが交差する先には大きなビジネスチャンスが広がっている。時代を先読みした“変革”に挑めば、大きな見返りが期待できる」─。ストレージ最大手の米EMCが開催した年次カンファレンス「EMC World 2012」。初日の基調講演の壇上に立ったCEOのジョー・トゥッチ氏はこう来場者に訴えかけた。

氏の話に耳を傾けると、ここでいう「変革」は、(1)ITの進化にキャッチアップし、(2)そのポテンシャルを十分に生かすビジネスを創出し、(3)その際に自らが立役者となることを指し示す。本イベントのテーマ「TRANSFORM IT+ BUSINESS+YOURSELF」は、まさにそのことを意味している。

企業のニーズが多様化する中で、ストレージの求められる機能は高度化している。「これにいかに応えるかがEMCにとっての最大のテーマ」(同)とし、同社もまた変革に余念がないことを強調した。

写真1 カンファレス会場となったラスベガスのベネチアンホテル。連日晴れ渡った
写真1 カンファレス会場となったラスベガスのベネチアンホテル。連日晴れ渡った

これからの企業ITにおいてデータが重力の中心になる

時代の変化にEMCはどのように臨もうとしているのか。トゥッチCEOと並んで、今や年次カンファレンスの“もう1つの顔”となっているパット・ゲルシンガーCOOが基調講演に臨み、製品戦略を語った。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

年次カンファレンスから見えてきた米EMCのビジネス戦略~EMC World 2012データ特性に応じた多彩なストレージを拡充 フラッシュ全盛期に向けた準備も進める 2012年5月21日〜24日/ラスベガス 企業が扱うデータは増え続け、それをいかにビジネス価値に結び付けるかが問われている。そうした中で、ますます重要性を増している製品分野の1つがストレージだ。最大手の米EMCは今、どんな戦略を持っているのか。年次カンファレンスのトピックを伝える。

PAGE TOP