[市場動向]

大手ベンダーがExadataの後を追う理由

2013年2月6日(水)

先鞭付けたオラクルにIBMが対抗軸 他ベンダーもにわかに動き出す 最適な組み合わせでハード/ソフトを一体化した「垂直統合マシン」が続々と市場に登場している。どんな動きがあり、どんな背景があるのか。まずは、全体像を俯瞰しておこう。

オラクルが“データベースマシン”として初代「Exadata」を世に送ったのは2008年9月のこと。その後、プライベートクラウド基盤の「Exalogic」、データ分析基盤の「ExaLytics」を追加し、ハード/ソフトを最適化した状態で提供する製品─同社の言葉を借りれば“エンジニアドシステム”─のバリエーションを広げてきた。「したたかな囲い込み戦略では」との声はさておき、垂直統合マシンの登場が、企業のIT基盤のあり方を再考するための一石を投じたのは事実だろう。

メガベンダーの新たな主戦場に

「ITの常識と経済性を根底から変える」─。そんなメッセージと共に同じ土俵に上がったのがIBMだ。2012年4月、同社のハードとソフトを統合して提供する新しいカテゴリ「Expert Integrated Systems」を世界同時に発表。具体的な製品として「PureFlex System」と「PureApplication System」を市場投入した。同年10月にはデータ処理に特化した「PureData System」を追加してラインナップを拡充している。

“ビッグ2”の動きに目が向きがちだが、動きは他にもある。ヒューレット・パッカード(HP)の「CloudSystem Matrix」や、シスコシステムズ、EMC、ヴイエムウェアの3社が展開する「Vblock Infrastructure Package」なども派手な動きこそないが垂直統合マシンの一角に位置付けられる。

ここにきて国産勢も動き始めた。先陣を切ったのが2012年10月に「Unified Compute Platform(UCP)」を発表した日立製作所。IaaS基盤モデル「UCP Pro for VMware vSphere」とPaaS基盤モデル「UCP with OpenMiddleware」の出荷を12月から開始する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

大手ベンダーがExadataの後を追う理由先鞭付けたオラクルにIBMが対抗軸 他ベンダーもにわかに動き出す 最適な組み合わせでハード/ソフトを一体化した「垂直統合マシン」が続々と市場に登場している。どんな動きがあり、どんな背景があるのか。まずは、全体像を俯瞰しておこう。

PAGE TOP