[About this Issue]

改めてパスワードを

2013年4月17日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

世界中で最も利用されているクラウド・アプリの1つである「Evernote」。3月初めにサイバー攻撃を受け、米Evernoteが5000万人を超えるすべての利用者(日本のユーザーは500万人)に、パスワードの再設定とソフトのアップデートを呼びかける事態が発生した。ユーザー名やメールアドレス、パスワードが盗まれた可能性があるからだ。厳重な対策をしているはずだが、セキュリティに100%はないことを改めて示した格好である。

もちろん、「だからクラウドサービスを利用すべきではない」と言いたいわけではない。ユーザーは自衛する必要があり、パスワード管理にもっと気を配るべきと思うのだ。例えば米国で昨年、iPhoneの利用者が設定しているパスコードの推計が公表された。トップ5は1234、0000、2580、1111、5555。iPhoneにログインするためのコードであり、一般のパスワードと同列には扱えないが、「忘れないように」「できるだけシンプルに」といった傾向を示している。複数のサービスで同じパスワードを使う問題もあるかも知れない。自戒を込めて。

JDMC2013の基調講演
JDMC2013の基調講演

「2011年末、世界64カ国における1700人以上のCMO(マーケティング責任者)を調査した。その結果、CMOの課題はデータ爆発やソーシャル、モバイルデバイスなどテクノロジへの対応であり、それはCIOの課題認識と一致することが明らかになった。しかし企業のマーケティング部門とIT部門は、うまく連携していない。だからこそ今日、皆さんにお越し頂いた。(CMOとCIOがともに参加するイベントは)初めてのことだと思う」。日本IBMのマーチン・イエッター社長は3月初旬、約100社の企業のCMOとCIOをペアで招いたフォーラムの冒頭で、こう語った。

フォーラムの名称は「THINK MARKETING─CMO+CIO Leader-ship Forum」。CMOとCIOが協調しながらITを活用し、経営や事業に貢献することを目指そうというフォーラムの主旨は、まさしくその通りと思う。だが、少し違和感もあった。「マーケティング部門とIT部門は、うまく連携していない」という点である。

筆者が知るCIOは、おしなべて事業に強い関心と責任意識を持っており、CMO(日本では主に営業部門の責任者)とも良好な関係であるように思えるのだ。そのような見方は間違いなのか、もしCMOとCIOの関係が良くないとすれば、それはなぜなのか。読者のご意見をいただければ有り難い。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
About this Issue一覧へ
関連記事

改めてパスワードを世界中で最も利用されているクラウド・アプリの1つである「Evernote」。3月初めにサイバー攻撃を受け、米Evernoteが5000万人を超えるすべての利用者(日本のユーザーは500万人)に、パスワードの再設定とソフトのアップデートを呼びかける事態が発生した。ユーザー名やメールアドレス、パスワードが盗まれた可能性があるからだ。厳重な対策をしているはずだが、セキュリティに100%はないことを改めて示した格好である。

PAGE TOP