[イベントレポート]

【Innovate 2013】「小さなことから少しずつ良くしていけばいい」─スティーブ・ウォズニアック名言集

2013年6月7日(金)五味 明子(ITジャーナリスト)

「A Little Bit Better - 世界を急に変えることはできなくても、少しずつ良くしていくことはできる」─。6月3日(現地時間)、米オーランドで開催されたIBMの年次カンファレンス「IBM Innovate 2013」の2日目、ゼネラルセッションに登場したスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)の言葉の数々は、会場に集った4000人の期待を裏切らないものだった。

Appleの創業者として、世界を変えたイノベーターとして、現在も世界中の技術者から尊敬を込めて"ウォズ"と呼ばれる同氏。本稿では、ゼネラルセッションで同氏が語ったスティーブ・ジョブスとの思い出、ソフトウェア開発やモバイルデバイスの未来、子どもたちの教育などについて、そのいくつかを紹介していきたい。

ウォズニアック氏
写真 ウォズニアック氏が語る言葉の1つひとつに、来場者は熱心に耳を傾けていた

「僕が何かをデザインすると、スティーブ(故スティーブ・ジョブス)はそれをお金にする手段をすぐに見つけてきた」

Appleを創業した"2人のスティーブ"は個性も得意分野も何もかもが正反対だったが、逆にそのことがビジネスには奏効した。2人のコンビネーションによって生み出された「Apple II」は大成功し、今日のAppleの土台を作り上げた製品となった。

「僕は小学校の教師になりたかった。自分の全人生を通して、教育がすごく大切だということを知っているからね。子どもたちこそ未来だよ」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【Innovate 2013】「小さなことから少しずつ良くしていけばいい」─スティーブ・ウォズニアック名言集「A Little Bit Better - 世界を急に変えることはできなくても、少しずつ良くしていくことはできる」─。6月3日(現地時間)、米オーランドで開催されたIBMの年次カンファレンス「IBM Innovate 2013」の2日目、ゼネラルセッションに登場したスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)の言葉の数々は、会場に集った4000人の期待を裏切らないものだった。

PAGE TOP