【Special】

仮想化したサーバー環境の停電による異常終了を回避──HA構成時には正常なサーバー環境に退避も

2013年10月18日(金)

富士UPS/GX100、GX200、EX100、LXシリーズ 富士電機が2013年8月、同社の小型UPS(無停電電源装置)製品である「GX100、GX200、EX100、LXシリーズ」から、米VMware製の仮想化ソフト「VMware」を使って仮想化されているサーバー環境を停電時に安全にシャットダウンするためのソリューションを発売した。HA(高可用性)構成にも対応し、増え続ける仮想化サーバーの停電に対する不安を払拭できる。高温対応のUPSを使えば、空調費の削減にもつながるという。

 増え続けるサーバーを統合したり、アプリケーションを変更せずに最新のハードウェアを利用したりすることを可能にする仮想化技術。仮想化ソフトのバージョンアップに伴い、より大量の仮想マシン(VM)の稼働や、HA(高可用性)構成を採る別サーバーへの仮想マシンの移動など、運用面でも使い勝手の向上が進む。

 こうした利便性の陰で見落としがちなのが電源問題である。そのサーバーの電源が停電などによって喪失してしまうと、すべての仮想マシンおよびそこで動作するアプリケーションが一度に異常停止することになる。どんなダメージを受けるか予測は困難であり、状況によっては復旧時間や復旧の負荷も甚大なものになる。

 停電対策といえば、誰もがUPS(無停電電源装置)を考えるはずだ。UPSが電力を供給できる5〜10分程度の間に、仮想化環境を正常にシャットダウンできればよい。しかし、手作業ではサーバー数が多い場合など、短時間にシャットダウンしきれないし、誤操作の可能性もある。VM上のゲストOSごとにインストールする専用ソフトも用意されているが、事前にインストールする手間もあれば、ゲストOSの数だけソフトを購入しなければならずコスト高になっていた。

専用ソフトなしでゲストOSを停止

 こうした状況を解消するのが、富士電機が2013年8月に発売した仮想化ソリューションである。同社のUPS「GX100、GX200シリーズ」「EX100シリーズ」「LXシリーズ」から仮想化ソフトの「VMware」(米VMware製)にシャットダウン信号をSSH(セキュア・シェル)を使って送信し、ゲストOSを順次シャットダウンする(図1)。ゲストOSごとにソフトをインストールしなくて済むため、作業の手間やソフトの購入料などのコストを大幅に削減できる。

図1 富士電機製UPSが持つ仮想化ソリューションによるシャットダウンの概念
図1 富士電機製UPSが持つ仮想化ソリューションによるシャットダウ ンの概念

 仕組み自体は複雑ではない。だが、開発を率いた富士電機パワエレ機器事業本部パワーサプライ事業部電源技術部主任の木村照道氏は、「“シャットダウン”という、扱い方を間違えればシステム運用に大きな影響を与えてしまう信号を、複数端末が共有するLAN経由で送ることにはセキュリティ上の懸念を示す声が少なくありませんでした」と話す。これに対し富士電機は「IPアドレスによる制御や信号の暗号化などによって、安全にシャットダウン信号を送れる環境を実現しました」(同)という。

 加えて今回は、仮想化サーバーのHA構成にも対応した。同社製UPS専用ソフトの最新版「Netshut VCS」を使えば、HA構成を採る一方のサーバーで停電などが発生した場合に、そのサーバー上にあるVMを正常に動作しているサーバーに移動。すべてのVMの移動が終了してから、電源異常が発生したサーバーを安全にシャットダウンする(図2)。

図2 富士電機製UPSが持つ仮想化ソリューションによるHA構成時のVM移行とシャットダウンの概念
電源異常が発生したサーバーのVMを正常運転しているサーバーに移行させた後、電源異常のサーバーをシャットダウンする。
図2 富士電機製UPSが持つ仮想化ソリューションによるHA構成時のVM移行とシャットダウンの概念
電源異常が発生したサーバーのVMを正常運転しているサーバーに移行させた後、電源異常のサーバーをシャットダウンする。

 木村氏は、「VMware対応などは従来、IT分野に強いUPSベンダーが先行し、産業分野に強い当社は出遅れ感が否めませんでした。それが最近は、仮想化システムの停電対策ニーズが多様化しており、UPSベンダー各社も対応に追われているのが現状です。既存ユーザーの高度なニーズに取り組む中で、VMwareを徹底的に研究した結果、他社にない特徴を持つ製品が完成しました」と胸を張る。

関連記事

仮想化したサーバー環境の停電による異常終了を回避──HA構成時には正常なサーバー環境に退避も富士UPS/GX100、GX200、EX100、LXシリーズ 富士電機が2013年8月、同社の小型UPS(無停電電源装置)製品である「GX100、GX200、EX100、LXシリーズ」から、米VMware製の仮想化ソフト「VMware」を使って仮想化されているサーバー環境を停電時に安全にシャットダウンするためのソリューションを発売した。HA(高可用性)構成にも対応し、増え続ける仮想化サーバーの停電に対する不安を払拭できる。高温対応のUPSを使えば、空調費の削減にもつながるという。

PAGE TOP