[イベントレポート]

M2M、IoTが”完全な嵐”を巻き起こす モバイル活用こそが対処への第一歩

2013年11月6日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

欧州のIT動向、特に企業情報システムの動向を知る有力な機会の1つが、ERPベンダーのIFSが開催する年次カンファレンス「IFS World Conference」だろう。取材すると、スウェーデンに本社を置くIFS、そして同社の製品IFS Application8が、意外に日本企業に適合するのではないかと思えた。

 情報化のトレンドを理解し、活用する上で米国をウォッチすることは欠かせない。それに勝るとも劣らずに注視すべきなのが欧州だろう。欧州は好むと好まざるとに関わらず米国の影響を受ける、個々の国で見た時に市場規模が米国のように巨大ではない、企業と社員の関係が相対的に固定的など、日本と類似点が多い。加えてグローバル対応やCSR(企業の社会的責任)といった面では、日本の一歩先を行くからだ。

 そんな欧州のIT動向、特に企業情報システムの動向を知る有力な機会の1つが、ERPベンダーのIFSが開催する年次カンファレンス「IFS World Conference」である。今年はIFSが本社を置くスウェーデンから離れ、サグラダファミリアやサッカーで知られるスペインの観光都市、バルセロナで10月28日~30日に開催された。

 集まったのは欧州のユーザー企業を中心に1000人弱(写真1)。米国の大手IT企業のカンファレンスに比べると規模は小さいが、3日通しの参加費1600ユーロ(20万円超)を支払っても参加する企業がこれだけいることは明記しておきたい。

写真1 基調講演の会場全景
写真1 基調講演の会場全景

今年のテーマは「Mobility--Accelerate Your Everyday Business」。ただし必ずしもモバイル一色というわけではなく、M2M(Machine to Machine)やIoT(Internet of Things)が急速に広がる中で、IFSの主要ユーザーである製造業、設備産業、防衛産業などは”未経験の嵐”に突入しようとしている(後述)。そのような事態にIT武装で備えるとともに、最低限、モバイルを活用してビジネスのスピードや精度を高めるべきという提案だった。まず基調講演から紹介しよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
関連記事

M2M、IoTが”完全な嵐”を巻き起こす モバイル活用こそが対処への第一歩欧州のIT動向、特に企業情報システムの動向を知る有力な機会の1つが、ERPベンダーのIFSが開催する年次カンファレンス「IFS World Conference」だろう。取材すると、スウェーデンに本社を置くIFS、そして同社の製品IFS Application8が、意外に日本企業に適合するのではないかと思えた。

PAGE TOP