[事例ニュース]

横浜信用金庫、融資業務システムを刷新

2013年12月13日(金)IT Leaders編集部

構築を担当した電通国際情報サービスが2013年12月13日に発表した。

 新システムには、ISIDが提供する地域金融機関向け統合ソリューション「BANK・R」を採用した。具体的には、「格付・自己査定」モジュールと、「顧客情報管理」モジュールを導入した。融資関連情報を一元化して、業務効率向上を図る。今後、BANK・Rの活用範囲を、他の融資関連業務にも広げる計画。

 これまで、格付・自己査定業務などの業務では、独立したパッケージシステムを使っていたため、関連情報が分散していた。このため、取引先企業の業況が変化するたび、査定作業の一部を手入力する必要があり、営業店の作業負荷が高かった。

関連記事

横浜信用金庫、融資業務システムを刷新構築を担当した電通国際情報サービスが2013年12月13日に発表した。

PAGE TOP