グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

DNPグループ、海外拠点向け共通ITインフラを構築 「局地戦」からの脱却図る

2013年12月18日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

事業部門主導で、拠点ごとに個別構築してきた基幹システム。海外拠点ごとにシステムを個別構築すると、現地の事情を柔軟に取り入れられる半面、重複投資が発生し、ガバナンスも難しくなる。全体最適を目指すなら、「局地戦」から脱却せざるを得ない。DNP(大日本印刷)グループは、複数の海外拠点で共同利用可能なクラウドサービス型の基幹システムを構築、新規拠点から順次、巻き取る試みを始めた。プロジェクトの指揮を執った、DNP情報システムの宮本和幸 執行役員に話を聞いた。 聞き手 : IT Leaders編集長 川上潤司 (文中敬称略)

写真:DNP情報システム 執行役員兼システム技術本部長 宮本 和幸 氏
写真:DNP情報システム
執行役員兼システム技術本部長
宮本 和幸 氏

――まずは、今回のプロジェクトの概要を教えて下さい。

宮本: 海外拠点用の基幹システムをクラウド基盤上に構築しました。各拠点から、ネットワーク経由で共同利用します。ERPパッケージのソフトウェア以外、サーバーやストレージなどのインフラは用意する必要がありません。今後、新たに開設する海外拠点から順次、利用を始める予定です。すでに、2013年に新設したベトナムとマレーシアの製造拠点で運用を開始しています。

 基幹システムの構築に合わせて、Windowsの脆弱性対策や、ウィルス対策、ファイルサーバー、セキュリティ認証など、共通性の高い機能も「DGSP」と呼ぶクラウドサービスとして提供するようにしました。今後も機能の拡張を続けていきます。

――これまで、海外拠点のシステムはどうしていたのですか?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

DNPグループ、海外拠点向け共通ITインフラを構築 「局地戦」からの脱却図る事業部門主導で、拠点ごとに個別構築してきた基幹システム。海外拠点ごとにシステムを個別構築すると、現地の事情を柔軟に取り入れられる半面、重複投資が発生し、ガバナンスも難しくなる。全体最適を目指すなら、「局地戦」から脱却せざるを得ない。DNP(大日本印刷)グループは、複数の海外拠点で共同利用可能なクラウドサービス型の基幹システムを構築、新規拠点から順次、巻き取る試みを始めた。プロジェクトの指揮を執った、DNP情報システムの宮本和幸 執行役員に話を聞いた。 聞き手 : IT Leaders編集長 川上潤司 (文中敬称略)

PAGE TOP