データセンター データセンター記事一覧へ

[事例ニュース]

ビットアイル、Salesforce CRM向けのダッシュボードツールを導入

2014年1月14日(火)IT Leaders編集部

ウイングアークが2014年1月14日に発表した。

 ハウジングやコロケーションなどのデータセンターサービスやクラウドサービスを展開するデータセンター事業者。営業部門やマーケティング部門が、顧客情報や営業案件の管理に使うSalesforce CRMにダッシュボードツールを追加した。

 両部門のデータを突き合わせて、マーケティングキャンペーンで獲得した見込み客が、実際の受注につながっているかどうかを把握できるようにする。Salesforce CRMの標準機能では、データ構造の都合から、見込み客と受注状況を突き合わせたレポートを作成するのが難しかった。必要なデータを抽出しExcelで集計レポートを作成していたが、作業負荷がかかっていた。

 製品は、ウイングアークのダッシュボードツール「MotionBoard for Salesforce」を採用した。2012年6月より、評価版を使ったトライアルを実施。成果が上々だったことから、正式版を導入するに至った。

導入システム ダッシュボードツール
導入目的 マーケティング施策の精度向上を目的とした、営業部門とマーケティング部門の顧客情報共有
業種 情報通信業
稼働時期 2013年1月
主な利用製品 ウイングアーク「MotionBoard for Salesforce」

 

関連キーワード

データセンター / Salesforce.com / CRM

関連記事

ビットアイル、Salesforce CRM向けのダッシュボードツールを導入ウイングアークが2014年1月14日に発表した。

PAGE TOP