[ユーザー事例]

FileMakerユーザーに見るクラウド活用の将来像、即断即決でビジネスを拡大

2014年2月24日(月)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

クラウドを基盤に利用企業自らがアプリケーションを構築するようになれば企業はどう変われるのか。そんな将来像を先取りする企業群がある。iPad/iPhoneに対応する米FileMaker製ソフトを各社のクラウド環境に見立て、スピード経営を武器に事業拡大を図る中堅・中小企業だ。彼らに習うべきポイントは少なくない。

 「FileMaker」は、米Apple Computer傘下の米FileMakerが開発・販売するデータベース製品である。専用ツールによるアプリケーション開発が容易なことが特徴の1つで、Macユーザーの間では、Excel/Accessに並ぶほどの根強い人気がある。2012年4月に登場したアドオンソフト「FileMaker Go」により、iPad/ iPhoneからもネットワーク経由でアプリケーションを利用できるようになっている。

プライベートPaaSと同等の利用環境

 クラウドと、このFileMakerに何の関係があるのかと疑問に思われるかもしれない。しかし、iPad/ iPhone対応したFileMakerは、プライベートなPaaS(Platform as a Service)環境になぞらえることができる。厳格な定義に照らせば「クラウド」とは呼べないまでも、利用環境はほぼ同義だ。

 利用企業は、FileMakerの開発・実行環境だけを意識してアプリケーションを開発できる。FileMaker Goの登場で、デスクトップからもノートPCからも、そしてiPad/iPhoneからも同じアプリケーションとデータを利用できる。そして何よりも、iPad/iPhoneというモバイル環境を事業推進に最大限活用している。

 個々の企業の取り組みは後述するが、今回取材した企業にはいくつかの共通点がある(図1)。1つは、経営トップ自らが、モバイルによる事業推進に信念をもって取り組んでいること。iPad/iPhoneといった機器や各種のクラウドサービスについても積極的に情報を集め率先して利用している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

FileMakerユーザーに見るクラウド活用の将来像、即断即決でビジネスを拡大クラウドを基盤に利用企業自らがアプリケーションを構築するようになれば企業はどう変われるのか。そんな将来像を先取りする企業群がある。iPad/iPhoneに対応する米FileMaker製ソフトを各社のクラウド環境に見立て、スピード経営を武器に事業拡大を図る中堅・中小企業だ。彼らに習うべきポイントは少なくない。

PAGE TOP