[インタビュー]

「需要を知らずに適切なマーケティングはできない」米JDAソフトの上級副社長

2014年2月26日(水)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

SCM(Supply Chain Management:サプライチェーン管理)ソフト大手の米JDAソフトウェアが、カバー範囲の拡大とクラウドコンピューティングに力を入れている。小売業の店舗運営用ソフトから始めた同社は、Manugisticsやi2 Technologiesといった製造業向けSCMソフト大手などを買収してきた。JDAは今、どのようなSCM像を描いているのだろうか。米JDAソフトウェアでインターナショナル担当上席副社長を務めるラザット・ガウラブ氏に聞いた(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

写真1:米JDAソフトウェアの
インターナショナル担当上席副社長である
ラザット・ガウラブ氏

――SCM分野での買収戦略を展開している。

 消費者から原材料メーカーまでのエンド・ツー・エンドのSCM(Supply Chain Management:サプライチェーン管理)をカバーするためだ。当社は小売業のための店舗運営管理をスタート点に持つが、SCMの2大ソフトベンダーであったManugisticsとi2 Technologiesを2005年と2010年にそれぞれ買収している。最近では、2012年に卸・倉庫業に強いRed Prairieを買収した。

 原料・材料や部品、最終製品までの流通過程を管理し、最適化を図るというSCMの考え方自体は変化していない。だが、市場の変化や、それに伴うサプライチェーンの構成の変化などにより、SCMの適用範囲が進化している。その範囲をカバーするためには製品拡充も不可欠になる。

 ただし、製造業を舞台にしたSCMでは、生産計画など、どうしてもモノの管理が中心になりがちだった。需要と供給のバランスを取るためには、モノだけでなく、データ、金、人を加えた4種のフローを同時にマネジメントする必要がある。この側面でみても、多様な製品ポートフォリオが必要である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

「需要を知らずに適切なマーケティングはできない」米JDAソフトの上級副社長SCM(Supply Chain Management:サプライチェーン管理)ソフト大手の米JDAソフトウェアが、カバー範囲の拡大とクラウドコンピューティングに力を入れている。小売業の店舗運営用ソフトから始めた同社は、Manugisticsやi2 Technologiesといった製造業向けSCMソフト大手などを買収してきた。JDAは今、どのようなSCM像を描いているのだろうか。米JDAソフトウェアでインターナショナル担当上席副社長を務めるラザット・ガウラブ氏に聞いた(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

PAGE TOP