[新製品・サービス]

パイプドビッツ、新消費税率に対応した中規模事業者向け会計サービス

2014年3月11日(火)IT Leaders編集部

パイプドビッツは2014年3月10日、クラウド型会計システム「ネットde会計」の新版を発表した。2014年4月1日より施行する消費税率8%への引き上げに伴い、新版は新税率を適用した売上や費用を入力/集計できる。4月1日より提供を開始する。

 「ネットde会計」は中規模事業者の利用を想定したクラウド型会計システム。新版は出納帳や伝票などの各種入力時に新消費税率(8%)を適用できる。勘定科目ごとに消費税率を定められるため、経過措置により旧消費税率の5%を適用する科目については5%の消費税を継続適用できる。

 勘定科目ごとに旧税率から新税率に一括変換する機能を追加した。これまで旧税率を適用していた科目でも、新税率移行時にはワンクリックで消費税を8%に切り替えられる。例えば、4月以降も旧税率が適用される電気代や水道代の税率を、移行に合わせて新税率に変更できる。入力する数値ごとに税率を修正する必要がないため、入力による手間をなくし計上ミスを防げる。

 他の業務システムから出力した会計データを「ネットde会計」に取り込む際に、旧税率から新税率へ変換することもできる。

 月額料金は1アカウントあたり3600円。1アカウントにつき最大5人まで同時に利用できる。年額一括支払い時の価格は4万円(どちらも税別)。

関連記事

パイプドビッツ、新消費税率に対応した中規模事業者向け会計サービスパイプドビッツは2014年3月10日、クラウド型会計システム「ネットde会計」の新版を発表した。2014年4月1日より施行する消費税率8%への引き上げに伴い、新版は新税率を適用した売上や費用を入力/集計できる。4月1日より提供を開始する。

PAGE TOP