コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

コカ・コーライーストジャパン、1万人の情報共有基盤をクラウドで整備

2014年3月31日(月)IT Leaders編集部

清涼飲料の製造や販売を手がけるコカ・コーライーストジャパンは、約1万人に上る社員が利用する情報共有基盤を刷新した。2014年3月31日、新システムの導入を担当したソフトバンク・テクノロジーが発表した。

2013年7月、関東・東海地方を営業基盤とするボトラー4社(コカ・コーラ セントラル ジャパン、東京コカ・コーラボトリング、三国コカ・コーラボトリング、利根コカ・コーラボトリング)が経営統合。新たに設立したのがコカ・コーライーストジャパンである。

今回、4社がそれぞれ独自に構築・運用していたメールや文書管理などのシステムを統一した。新システムは、テレビ会議やプレゼンス管理などの機能も備える。

清涼飲料の市場は競争が激しく、商品サイクルもおしなべて短期化している。収益性を高めるには、何よりも最終消費者やマーケットトレンドに関わる情報を、全社的に速やかに共有できる体制が望ましい。経営統合を機に、1万人の従業員を対象にした情報共有基盤を短期間のうちに整える必要があり、クラウドベースのソリューションを選択した。

日本マイクロソフトが提供するクラウドサービスである「Office 365」を利用して構築した。海外を含めたコカ・コーラグループにおいて、Office 365を情報共有基盤のデファクトスタンダードに位置づけていることが背景にある。今後は、ソフトバンク・テクノロジーが提供するサービスを活用して、Active Directoryの同期やアクセス制御などを対象に機能を拡張する予定もある。

プロジェクトの概要
ユーザー名 コカ・コーライーストジャパン
業種 清涼飲料の製造・販売
導入システム 情報共有基盤
導入目的 社内コミュニケーションの効率化
導入時期
主な利用製品 「Office 365」(日本マイクロソフト)
関連記事

コカ・コーライーストジャパン、1万人の情報共有基盤をクラウドで整備清涼飲料の製造や販売を手がけるコカ・コーライーストジャパンは、約1万人に上る社員が利用する情報共有基盤を刷新した。2014年3月31日、新システムの導入を担当したソフトバンク・テクノロジーが発表した。

PAGE TOP