デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[事例ニュース]

ライオン、顧客の声を全社で共有するシステムを導入

2014年4月16日(水)IT Leaders編集部

ライオンは2014年3月、新たなコンタクトセンターシステムを稼働させた。問い合わせ対応業務の改善や、寄せられた顧客の声を商品開発に生かす仕組み作りが狙い。2014年4月16日、東芝ソリューションが発表した。

東芝ソリューションと共同開発した新システムは、大きく2つの機能を備える。1つは、顧客対応業務支援だ。コンタクトセンター担当者が商品名や問い合わせ内容を画面に入力すると、FAQデータベースから類似ケースを検索して表示する。商品ごとに聞き取るべき事項や告知すべき事項も表示。担当者は、これらに基づいて顧客と会話し、その内容を入力する。

第2は、問い合わせ履歴情報管理である。全社員が、簡単なクリック操作で商品カテゴリーや内容別のグラフや集計表を参照できるようにした。これにより、顧客の声を商品開発や品質管理といった業務に生かす体制作りを急ぐ。

プロジェクトの概要
ユーザー名 ライオン
業種 化学
導入システム コンタクトセンターシステム
導入目的 問い合わせ対応業務の改善、商品開発力の向上
導入時期 2014年3月
主な利用製品 「CT-SQUARE」(東芝ソリューション)
関連記事

ライオン、顧客の声を全社で共有するシステムを導入ライオンは2014年3月、新たなコンタクトセンターシステムを稼働させた。問い合わせ対応業務の改善や、寄せられた顧客の声を商品開発に生かす仕組み作りが狙い。2014年4月16日、東芝ソリューションが発表した。

PAGE TOP