[市場動向]

米オラクルが描く将来像、ハードからアプリまでをフルスタックに

2014年4月23日(水)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

積極的なM&A(企業の統合・買収)戦略を打ち出す米オラクル。クラウドや非構造データが台頭する中で、オラクルは、どんなERP像を描こうとしているのか。同社のM&A(企業の統合・買収)の経緯を追うとともに、既存ユーザーが抱くであろう7つの疑問点に対するオラクルからの回答を紹介する。

 米オラクルが2009年1月から2014年3月までに実施したM&A件数は46社だった(次ページ以降の表1-1、1-2、1-3)。同時期にSAPが実施したM&A件数(12件)の約4倍である。この違いを生んでいる最大の理由は、オラクルがハードウェアを含め、幅広い分野の企業を買収しているからである。

オラクルが買収した企業は大きく、ハードウェアやミドルウェアを含めたプラットフォーム系と、CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)/マーケティングに分けられる。前者ではもちろん、ハードウェア/ソフトウェアベンダーのSun Microsystemsが、その中核である。ここにクラウド関連ミドルウェアのNimbulaなどが組み合わさってくる。後者では、ソーシャルメディア関連データを扱うマーケティング支援のEloquaをオラクルは前面に推している。

【Sun Microsystems】

 2009年4月に買収した。独自プロセサ「SPARC」や、UNIX OS「Solaris」のほか、プログラミング言語「Java」など、オープンシステムの一角を形成した製品群を一手に手に入れた。ハードウェアでは「Sun x86」や「Sun Blade」などのサーバーや、「ZFS Storage Appliances」や「StorageTek」といったストレージ製品もある。

これらのハードウェア環境は、「Oracle Database」を中核にしたミドルウェアと組み合わされ、垂直統合機 「エンジニアド・システム」を形成している。さらにSPARCは現在、Oracle Databaseの処理を高速化するためのファームウェアを搭載し、オラクル専用チップの様相を強めている。Solarisもエンジニアド・システム向けに機能強化が図られ、最新の「バージョン11」では、ハードウェアの不具合を検知し、故障箇所を自動で切り離す機能が追加された。

Javaは、オラクルがクラウド環境を中心に新規機能の提供用に開発を続ける「Oracle Fusion Applications」の主要開発言語である。

【Nimbula】

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
関連キーワード

Oracle / ERP

関連記事

米オラクルが描く将来像、ハードからアプリまでをフルスタックに積極的なM&A(企業の統合・買収)戦略を打ち出す米オラクル。クラウドや非構造データが台頭する中で、オラクルは、どんなERP像を描こうとしているのか。同社のM&A(企業の統合・買収)の経緯を追うとともに、既存ユーザーが抱くであろう7つの疑問点に対するオラクルからの回答を紹介する。

PAGE TOP