[ユーザー事例]

新事業「Job-Hub」は常に“現在進行形”、PaaS使いビジネス開発に集中

2014年5月8日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

IT関連エンジニアの人材派遣などを手掛けるパソナテックが注力する新事業の1つがクラウドソーシング(Crowd Sourcing)事業の「Job―Hub」。同事業の核となるWebサイト/サービスは、米Salesforce.comが提供するPaaS(Platform as a Service)である「Heroku」上で動作している。全く新しい雇用形態を生み出す事業だけに、システムの仕様も日々、変化する。PaaS上では今も、新しいサービスの開発が続く。

写真1:「仲人型クラウドソーシング」を掲げるJob-Hubのホームページ
拡大画像表示

 「新しい働き方を世に出すことを優先した結果だ。市場調査を実施しようにも、そもそも市場が存在していないため調査もままならなければ、明確なゴール設定もままならない。ビジネスと、それを支えるアプリケーションプログラムの開発に人材を集中させるためにもITインフラを抱えるという選択肢はなかった」――。パソナテックのクラウドソーシング事業「Job-Hub」を担当する野宮 一生 新規事業開発室マネージャーは、Job-HubのITインフラにPaaSを採用した利用をこう話す。

 2012年8月にベータ版としてスタートしたJob-Hub。2014年2月からは、スキルを持つ人材と委託したい業務のマッチングを図る際に、人が実際に介在できる「仲人型」サービスを追加し、より幅広い業務への適用を後押しできるようにした。以後、PaaSのメリットを生かし、利用者を対象にしたサービスを矢継ぎ早に投入している(表)。

表:「Job-Hub」におけるサービス機能強化の推移
月日 追加した機能と、その概要
2012年 8月8日 Job-Hub(ベータ版)をオープン
  8月29日 Job-Hubの本格サービスを開始
  12月12日 タスクフォーム生成機機能。小規模案件のマッチングを容易に
2013年 7月11日 コンペタイプ機能。EC事業などを対象にロゴやコピーのコンペを可能に
  11月8日 エンタープライズソーシャル「Yammer」(マイクロソフト製)の利用を可能に。アカウントを2万件提供
2014年 2月3日 「仲人ダイヤル」機能。発注者が、発注からワーカーの選定までの方法を電話で相談可能に
  2月17日 「仲人依頼ボタン」機能。発注者が、業務に適したワーカーの候補者選びや選定支援を依頼可能に
  2月17日 チームワーク支援機能。発注時にプロジェクトチームの形成を可能に
  2月20日 「見積もり相談」機能。業務範囲や発注金額をコワーカーに相談可能に 
  2月26日 中規模開発案件の支援サービス。専任の「仲人」がプロジェクトチームの形成を支援
  2月27日 動画コンテンツの共有機能。シリコンバレー発の「Collaaj」との連携で実現
  3月3日 アジャイル開発・プロジェクト管理機能。開発統合管理ツール「CAT MDES」との連携で実現
  3月7日 チャットツール「ChatWork」の提供。有料プランを発注企業・受託者の双方へ無償提供
  3月17日 「GitHubログイン」機能。開発エンジニアの過去の開発実績をプロフィール閲覧可能に
  3月31日 動画コンテンツの発注効率改善。「YouTube」との連携により実現
  4月30日 個人事業主に向けた請求書発行・郵送サービス。「Misoca」との提携で実現
(パソナテックの発表資料を元に作成)

 

 野宮マネージャーは、「オンラインでマッチングするクラウドソーシングで、どうしても契約リスクが小さい小型案件が中心になる。オフラインや実際に人が介在するマッチングを組み合わせることで、高額案件への適用を促し、受注者が得られる収入も高額になれば、クラウドソーシングの適用範囲は、もっと広がるはず」と、仲人型投入の狙いを語る。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】“かっこよさ”を求めてRubyを採用
  • 1
  • 2
関連記事

新事業「Job-Hub」は常に“現在進行形”、PaaS使いビジネス開発に集中IT関連エンジニアの人材派遣などを手掛けるパソナテックが注力する新事業の1つがクラウドソーシング(Crowd Sourcing)事業の「Job―Hub」。同事業の核となるWebサイト/サービスは、米Salesforce.comが提供するPaaS(Platform as a Service)である「Heroku」上で動作している。全く新しい雇用形態を生み出す事業だけに、システムの仕様も日々、変化する。PaaS上では今も、新しいサービスの開発が続く。

PAGE TOP