バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

【Special】

迫るサポート終了!Windows Server 2003&バックアップマイグレーションセミナー

イベント事後レポート

2014年5月15日(木)

今なお多くの企業で稼働しているWindows Server 2003/Windows Server 2003 R2が、いよいよ2015年7月にサポートを終了する。サーバーOSの見直しには基幹システムも関係するため、検証期間やハードウェア選定を考えると、時間はほとんど残されていない。この移行にどう備えるべきなのか――。そこで不可欠となるのがバックアップツールである。主要6社の製品を取り扱うネットワールドは4月、その6社が一堂に会して、それぞれのソリューションのポイントを解説するという貴重なイベントを主催し全国4拠点で実施した。ここでは、4月16日に開催された東京会場の模様をレポートする。

 イベント当日は、まず最初に主催者としてネットワールドの担当者が登壇し、テーマに据えたWindows Server 2003のサポート終了や移行についてのトピックを総括。続いて、バックアップツールを提供する6社が順に製品の特徴を解説するという流れでプログラムが進んだ。以下に、各セッションのポイントを紹介する。

Windows Server 2012 R2 新機能と2003からの移行について

<講演者>
株式会社ネットワールド
SI技術本部 インフラソリューション技術部
システムソリューショングループ
森 友祐 氏

 今から1年強の2015年7月15日、Windows Server 2003の延長サポートが終了し、以降はセキュリティ更新プログラムの提供や、マイクロソフトからのサポートが受けられなくなる。Windows XPで同様のサポート切れの問題に直面したのは記憶に新しいが、それがサーバーOSともなるとシステム全体に影響を及ぼすだけに問題はより大きいものとなる。ネットワールドの森友祐氏は、「残された時間から逆算すると、今すぐにでも具体的行動の検討を始める必要があります」と、Windows Server 2012 R2への移行を促した。

 森氏が特にフォーカスしたのは、ファイルサーバーとActive Directoryの2つである。「ファイルサーバーについては、最新のファイル共有プロトコルであるSMB3.0によるファイル転送速度の向上、シンプロビジョニングやデータ重複除去によるストレージ機能の強化など、大幅な改善を得られます。また、最新のActive Directoryで、きめ細かいアクセス管理やモバイルデバイスなどの安全なアクセスを実現できます」と、Windows Server 2012 R2への移行によって得られる大きなメリットについて語った。

Acronisは今こう使われています!
~意外と知られていないABR11.5の活用方法~

<講演者>
アクロニス・ジャパン株式会社
プリンシパル セールス エンジニア
佐藤 匡史 氏

 バックアップソフトを開発し続けて11年。コンシューマーやスモールビジネス分野での豊富な実績をもとにグローバルで成長しているアクロニスの最新の主力製品が、Acronis Backup & Recovery 11.5(以下、ABR11.5)である。

 Windows Server 2003のサポート終了まであと1年あまりに迫る中、同社の佐藤匡史氏は、「どうしても移行が間に合わない場合、P2Vによる延命策があります」と語った。ABR11.5のユニバーサル・リストア(異機種への復元)機能を使うことで、物理サーバーからバックアップしたデータを、ドライバを含めたハードウェア環境から分離し、別の物理サーバーのほか仮想マシン上に復元して稼働させることができるのだ。

 さらに、ABR11.5の用途は、大規模仮想基盤やBCP(業務継続計画)/DR(災害復旧)、iDCの物理的な移設プロジェクト、クラウドへの移行などにも広がっている。「属人性を排除した簡単操作のバックアップ/復元ツールとしてはもちろん、クラウドの付加価値を高めるための、ワンストップソリューションを実現するツールとしてABR11.5を活用できます」と佐藤氏はアピールした。

関連記事

迫るサポート終了!Windows Server 2003&バックアップマイグレーションセミナー今なお多くの企業で稼働しているWindows Server 2003/Windows Server 2003 R2が、いよいよ2015年7月にサポートを終了する。サーバーOSの見直しには基幹システムも関係するため、検証期間やハードウェア選定を考えると、時間はほとんど残されていない。この移行にどう備えるべきなのか――。そこで不可欠となるのがバックアップツールである。主要6社の製品を取り扱うネットワールドは4月、その6社が一堂に会して、それぞれのソリューションのポイントを解説するという貴重なイベントを主催し全国4拠点で実施した。ここでは、4月16日に開催された東京会場の模様をレポートする。

PAGE TOP