データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[海外動向]

【Informatica World 2014】ビジネスが求めるのはデータ、セルフサービス型データ活用を支援

2014年5月16日(金)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米ラスベガスで2014年5月12日から15日(現地時間)にかけて、年次ユーザーカンファレンス「Informatica World 2014」を開催中の米インフォマティカ。5月14日の基調講演では、前日に発表した新ビジョン「Intelligent Data Platform」を振り返る形で、セルフサービス型のデータ活用の重要性を訴えた。データをビジネスの最前線に届けることで、データに基づく事業展開を支援する。ビジネスの現場が求めているのは、道具としてのITではなく、意思決定のためのデータだというわけだ。

 「ビジネスとITの関係は、どんどん強まっている。その中心にあるのがデータだ。ビジネスの現場へデータを届けるインフォマティカは、ITとビジネスのファシリテータの役割を果たす」——。

写真1:米インフォマティカのエクゼクティブバイスプレジデント兼CSO(Chief Strategic Officer)のアイヴァン・チョン氏写真1:米インフォマティカのエクゼクティブバイスプレジデント兼CSO(Chief Strategic Officer)のアイヴァン・チョン氏

 5月14日の基調講演に登壇した米インフォマティカのエクゼクティブバイスプレジデント兼CSO(Chief Strategic Officer)のアイヴァン・チョン氏は、データ活用への期待が高まる中で、同社の立ち位置をこう説明した(写真1)。

 その象徴としてション氏は米国のテレビ番組「新スタートレック」に登場する「Data(データ)少佐」を挙げた。記憶容量が100ペタバイト、情報処理能力は1秒間に60兆回というアンドロイドである。データに基づく論理的な判断で宇宙船「エンタープライズ号」を救う姿は、まさにデータを最大限に活用してビジネスを拡大・創造したい企業(エンタープライズ)の現状に重なるというわけだ。

「Springbok」がデータ活用のセルフサービス化を可能に

 ビジネスとITをファシリテートするためのツールが、前日の基調講演で発表した新プロジェクトの1つ「Springbok」だ(関連記事『【Informatica World 2014】データ連係ツールからデータ基盤へ、「Intelligent Data Platform」を発表』)。多種多様なデータ群から、どのデータを使えば目的の処理が実行できるかの判断を支援する。どんなデータセットが多用されているのか、誰が有効なデータセットを作り出しているのかなども集計することで、組織全体のデータ活用ノウハウを蓄積・再利用することもできる(写真2)。

写真2:利用度が高いデータセットを推奨したり、それを作成した人物を探し出せるようにもする写真2:利用度が高いデータセットを推奨したり、それを作成した人物を探し出せるようにもする
拡大画像表示
写真3:Springbokをデモする米インターステートバッテリーのマーク・フォーラー氏(右)とヘイレイ・ホーン氏(中央)写真3:Springbokをデモする米インターステートバッテリーのマーク・フォーラー氏(右)とヘイレイ・ホーン氏(中央)
拡大画像表示

 Sprigbokが企業で実際にどのように使われようとしているのかを示すために、先行ユーザーが登壇した。米テキサス州に本社を置くインターステートバッテリーのBI(Business Intelligence)アナリストのマーク・フォーラー氏とデータ品質アナリストのヘイレイ・ホーン氏の2人だ(写真3)。インターステートバッテリーは、家電や自動車などに向けたバッテリーの卸事業や店頭販売を北米市場で手がけている。

 同社は、事業のオペレーションに無駄が多かったとして、データ分析に取り組んできた。Salesforce.com上の営業データに加え、地図情報やTwitterの投稿といったデータも取り込み、これらを米マイクロストラテジー製品で分析するためにインフォマティカの「Power Center」などを利用する。

 ただ問題は、分析担当者が必要なタイミングに必要なデータを得られないということだった。そこでSprigbokを使い、必要なデータを分析担当者自身が取り出すことで、より的確なタイミングにデータに基づく判断を下すようにしたいというわけである。

 フォーラー氏は、「分析担当者はビジネスと、それに必要なデータが何かを知っている。だた、そのデータをどこからどう取り出せるかには詳しくない。Sprigbokのようなツールがあれば、IT部門がデータを用意しなくても必要なデータを適時に提供できるようになる」とSprigbokへの期待を語った。

多様化が進むデータを統合的に扱うことが重要に

写真4:発明家であり未来学者でもあるレイ・カーツワイル氏写真4:発明家であり未来学者でもあるレイ・カーツワイル氏
拡大画像表示

 基調講演はここで、ゲストスピーカーのレイ・カーツワイル氏を迎えた(写真4)。同氏は、フラットベッドスキャナーなどの発明家であり未来学者である。現在は米グーグルに勤め、機械学習やロボットなどの研究を指揮している。

 カーツワイル氏は、ITの進化は特異であり、今後も、より高速で、より安価なシステムが、より小型化され提供されるとしたうえで、シミュレーションや機械学習により、人間や心の領域へ踏み込んでいくとした。そこでは、データに基づく知識が、あらゆるものの価値を生み出していくという。

 

関連記事

【Informatica World 2014】ビジネスが求めるのはデータ、セルフサービス型データ活用を支援米ラスベガスで2014年5月12日から15日(現地時間)にかけて、年次ユーザーカンファレンス「Informatica World 2014」を開催中の米インフォマティカ。5月14日の基調講演では、前日に発表した新ビジョン「Intelligent Data Platform」を振り返る形で、セルフサービス型のデータ活用の重要性を訴えた。データをビジネスの最前線に届けることで、データに基づく事業展開を支援する。ビジネスの現場が求めているのは、道具としてのITではなく、意思決定のためのデータだというわけだ。

PAGE TOP