[海外動向]

【Innovate 2014】ここまで来ているエンタープライズDevOps、必要なのは“信頼”の基盤

2014年6月9日(月)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

アプリケーション開発環境などを開発・提供する米IBMのRational事業部は、年次イベント「Innovate 2014」を米フロリダ州オーランドで2014年6月1日から5日(現地時間)にかけて開催した。今回のテーマは「Innovate@Speed」。初日の基調講演では、DevOps(開発と運用の連携)が企業に浸透している事例と共に、「エンタープライズDevOpsの実現には“信頼”の基盤が必要だ」とのメッセージを強調。同社のPaaS(Platform as a Service)である「BlueMix」を前提に、アプリケーション開発・運用の新たな基盤が整ってきたことを印象づけた。

写真1:Innovate2014の基調講演に登壇したRational事業部のゼネラルマネジャー、Kristof Kloeckner氏
拡大画像表示

 「信頼」――。Rational事業部のゼネラルマネジャーであるKristof Kloeckner氏はInnovate2014の基調講演で、この言葉を何度も繰り返し、その重要性を強調した。「(プログラミング)コードこそがイノベーションの源泉である。社会やビジネスにおけるすべての仕組みはコードが動かしているからだ。今日のアプリケーション開発ではスピードが不可欠だが、信頼の基盤なしにスピードは高められない」という。

 アプリケーション開発のスピードを高める仕組みがDevOpsであることは、最近のInnovateのメッセージからも明らかだ(関連記事『【IBM Innovate 2013】DevOpsに賭けるIBMの勝算』『開発と運用の溝を埋める米IBMの秘策「DevOps」~IBM Innovate 2012』)。では、なぜDecOpsの基盤として今回、信頼を強調するのか。

 それは、同社のクラウド環境としてIaaS(Infrastructure as a Service)の「SoftLayer」とPaaS(Platform as a Service)である「BlueMix」のそれぞれへの集中投資により、DevOpsのための技術的基盤が整い、今後はむしろ、その基盤を活用するための利用企業の取り組み姿勢など、これまでの開発方法や企業文化をいかに“破壊”できるかが重要だと判断しているからではないだろうか。

 実際、IBMはInnovate 2014の基調講演において、ベータ版として提供してきたBlueMixを6月末には正式版として提供すると発表。欧州やアジア、日本においても順次、正式版を投入する計画も明らかにした(関連記事『米IBM、PaaSの「BlueMix」を6月末には製品化、日欧などにも順次展開』。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】開発のステークホルダだけでなく、利用者との信頼関係も
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連キーワード

IBM / Rational / Innovate / DevOps / BlueMix / SoftLayer

関連記事

【Innovate 2014】ここまで来ているエンタープライズDevOps、必要なのは“信頼”の基盤アプリケーション開発環境などを開発・提供する米IBMのRational事業部は、年次イベント「Innovate 2014」を米フロリダ州オーランドで2014年6月1日から5日(現地時間)にかけて開催した。今回のテーマは「Innovate@Speed」。初日の基調講演では、DevOps(開発と運用の連携)が企業に浸透している事例と共に、「エンタープライズDevOpsの実現には“信頼”の基盤が必要だ」とのメッセージを強調。同社のPaaS(Platform as a Service)である「BlueMix」を前提に、アプリケーション開発・運用の新たな基盤が整ってきたことを印象づけた。

PAGE TOP