[市場動向]

iOSもAndroidもJavaで開発、オラクルが企業向けモバイルプラットフォームを発表

2014年8月5日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2014年8月5日、モバイルアプリ開発・運用プラットフォームを発表した。製品名は、「Oracle Mobile Suite」と「Oracle Mobile Security Suite」。ユーザー数が多く、マルチプラットフォーム対応が必要なアプリを開発する企業に売り出す。

 発表したモバイル開発プラットフォームは、いわゆるMEAP(Mobile Enterprise Application Platform)に分類できる製品だ。業務システムと連携したモバイルアプリを開発する際に必要となる開発環境や、ゲートウェイ、管理ソフトを提供する。

 主に2つの製品で構成する。1つは、モバイルアプリの開発と、業務システムとのつなぎ込みを支援する「Oracle Mobile Suite」。もう1つは、アプリの配布や、セキュリティの確保を容易にする「Oracle Mobile Security Suite」だ。

製品構成概要図:今回発表した2製品の関係図
拡大画像表示

Oracle Mobile Suite

アプリの開発統合基盤と、スマートデバイス向けJavaランタイム

 Mobile Suiteは、モバイルアプリの統合開発基盤。アプリ開発に必要な開発環境とライブラリを提供する。特徴は、ワンソース・クロスプラットフォームを謳っている点だ。Javaで書いたソースコードを、iOSでもAndroidでも実行できるため、OSごとに異なる言語を使って、個別にアプリを開発する必要がない。

 開発者は、オラクル独自のJavaフレームワークを使ってソースコードを記述、Javaのランタイムとセットにして、スマートフォンやタブレットに配布する。各デバイス上では、Javaの仮想マシンを稼働させて、その上でJavaのソースコードを実行する仕組みだ。アップルと協力し、iOS上で稼働するJavaのランタイムも用意した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

Special

-PR-

iOSもAndroidもJavaで開発、オラクルが企業向けモバイルプラットフォームを発表日本オラクルは2014年8月5日、モバイルアプリ開発・運用プラットフォームを発表した。製品名は、「Oracle Mobile Suite」と「Oracle Mobile Security Suite」。ユーザー数が多く、マルチプラットフォーム対応が必要なアプリを開発する企業に売り出す。

PAGE TOP