[事例ニュース]

愛生会病院、グループ内のシステム標準化目指しクラウドを採用

2014年9月8日(月)IT Leaders編集部

北海道旭川市の愛生会病院は2014年9月1日、医師による処方や検査指示を管理するオーダリングシステムを導入した。2014年11月中には、電子カルテシステムを導入する予定。サービスを提供する富士通マーケティングが、2014年9月4日に発表した。

愛生会病院は、道内4地域で病院や介護施設を展開する交雄会グループの一員である。同グループ内では近年、医師の偏在や設備の差異といった問題が発生していた。

これらを解決するには、グループ内で医療システムを標準化することが不可欠。愛生会病院はそう判断し、自ら標準化モデルとなるべく新システムの導入に踏み切った。従来、グループ内の病院・施設はそれぞれ個別のシステムでカルテや各種検査記録、看護記録を管理していた。これらを統一することにより、医療の質を全体的に底上げしようというわけだ。

まずは、医師による処方や検査指示を管理するオーダリングシステムを導入。2014年9月1日に利用開始した。2014年11月までに、電子カルテや医事会計システムを導入する予定。

各システムは、富士通マーケティングのクラウドサービスを利用して構築する。ハードウェアへの初期投資や運用管理業務の削減を狙い、クラウド利用を選択した。インターネット経由で利用できるため、訪問診療にも役立つという。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 愛生会病院
業種 医療機関
導入システム オーダリングシステム、電子カルテシステム、医事会計システム
導入目的 業務の標準化、医療品質の向上
主な利用サービス 「HOPE Cloud Chart」
関連キーワード

医療IT / 病院 / 富士通マーケティング

関連記事

愛生会病院、グループ内のシステム標準化目指しクラウドを採用北海道旭川市の愛生会病院は2014年9月1日、医師による処方や検査指示を管理するオーダリングシステムを導入した。2014年11月中には、電子カルテシステムを導入する予定。サービスを提供する富士通マーケティングが、2014年9月4日に発表した。

PAGE TOP