[インタビュー]

APIが価値・利益を生む時代が到来、「APIエコノミー」の実像

2014年9月16日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

API(Application Programming Interface)−−。プログラミングの用語であり、何となく難しい印象がつきまとう。だが今日、そうした考えは払拭しないといけない。「APIエコノミー」と呼ばれる新たな”経済圏”が生まれつつあるからだ。米IBMのビジネスストラテジストであるAlan Glickenhouse氏(ソフトウェアグループのAPI Management Product Manager)に、その実像を聞いた。(聞き手は田口潤=IT Leaders編集)

 「API(Application Programming Interface)マネジメント」という言葉を、お聞きになったことがあるだろうか?Webサービス事業者がAPIを外部に公開して利用に応じた収入を得たり、外部のAPIを呼び出すことで自社のシステムやサービスの機能を強化したりすることの意味だ。つまり「一部のWeb事業者が収入を得たり、アプリケーション開発を簡単にしたりするためのもの」と筆者は考えていた。

 しかし、9月中旬に来日した米IBMのビジネスストラテジストであるAlan Glickenhouse氏によると、「もっと包括的で企業のビジネスや事業に直結するものだ」という。「APIマネジメントは技術の側面だけでなく、APIエコノミーという新しい価値創出の側面がある。今日、焦点になっているのは後者だ」(同)。

 これが事実なら、CIO(Chief Information Officer)をはじめとするITリーダーは是非ともAPIマネジメントを理解し、場合によっては実践する必要がある。APIマネジメントの実像を同氏への一問一答形式で紹介する。

−−APIマネジメントを簡潔に説明すると?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】自社のシステムやデータが価値をもたらす
  • 1
  • 2
関連記事

APIが価値・利益を生む時代が到来、「APIエコノミー」の実像API(Application Programming Interface)−−。プログラミングの用語であり、何となく難しい印象がつきまとう。だが今日、そうした考えは払拭しないといけない。「APIエコノミー」と呼ばれる新たな”経済圏”が生まれつつあるからだ。米IBMのビジネスストラテジストであるAlan Glickenhouse氏(ソフトウェアグループのAPI Management Product Manager)に、その実像を聞いた。(聞き手は田口潤=IT Leaders編集)

PAGE TOP