[ユーザー事例]

タイムズコミュニケーション、コイン駐車場のトラブルシューティングにWiMAXを使った遠隔モニタリングシステムを活用

2014年10月8日(水)川上 潤司(IT Leaders編集部)

時間貸駐車場などを展開するパーク24グループ。その1社であるタイムズコミュニケーションは、WiMAXを使った遠隔モニタリングシステムを導入し、現場のトラブル解決に役立てている。システムの狙いや概要について、キーパーソンに話を聞いた。

 「快適なクルマ社会の実現」を標榜し、時間貸駐車場やカーシェアリングなどのビジネスを展開するパーク24グループ。その中の1社であるタイムズコミュニケーションは、顧客から寄せられる問い合わせなどに対応するコンタクトセンター事業を主軸に据えている。同社はこのほど、駐車場の運営や管理を高度化する一環として、遠隔モニタリングのためのシステムを導入した。その狙いや、見え始めた成果について、プロジェクトを推進した調査管理室長の浅井雅彦氏に聞いた。


──まず初めに、タイムズコミュニケーションさんの事業内容について教えていただけますか。

タイムズコミュニケーションで調査管理室長を務める浅井雅彦氏

 主な事業は、お客さまからのお問い合わせなどに対応するコンタクトセンターの運営です。案件として多いのは、駐車場を利用していてのトラブルや、機器の不備/故障などの第一報を受け付けて、迅速に対処する業務です。

 皆さん知っての通り、街中には数多くの時間貸駐車場があります。その中で当社グループの「タイムズ」が選ばれるには、トラブルが少なく安心して利用できるという信頼感を醸成していくことが欠かせません。その点で、お客さまから生の声が寄せられるコンタクトセンターは、ビジネス品質を高めるためのフロントエンド。ここに集約される情報を足がかりとして、私たち調査管理室が全社的な改善活動につなげていく重要なポジションを担っています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】現場で何が起こっているかを映像でつぶさに確認する
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

パーク24 / 駐車場 / WiMAX / 動画 / KCCS

関連記事

タイムズコミュニケーション、コイン駐車場のトラブルシューティングにWiMAXを使った遠隔モニタリングシステムを活用時間貸駐車場などを展開するパーク24グループ。その1社であるタイムズコミュニケーションは、WiMAXを使った遠隔モニタリングシステムを導入し、現場のトラブル解決に役立てている。システムの狙いや概要について、キーパーソンに話を聞いた。

PAGE TOP