[中国電脳事情]

【中国電脳事情セレクション】中国ハイテク企業の9割が海外でIPOを実現、ほか

2014年10月1日(水)足立 治男

中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

中国ハイテク企業の9割が海外でIPOを実現

─広州日報(2014年9月4日)

 中国ではA株(※)のIPO(新規株式公開)再開へ向けた動きが本格化しているが、海外上場を目指す企業も依然として多く、特に新興のハイテク/IT企業にその傾向が強い。世界4大会計事務所の1つである英プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が9月3日に発表した統計によると、2014年4-6月期においてIPOを行った中国国内のハイテク企業は14社。これは同年1-3月比で277%もの増加で、資金調達額は37億米ドル、同年1-3月比で2.77倍に達したという。ただしその内の12社(85.7%)は海外の証券市場でIPOを実施している。

 中国証券市場の関係者からは、「米国の証券市場の方が流通性が高いので、今後もA株から、NASDAQやニューヨーク証券取引所(NYSE)に転向する企業が増えるだろう」との声が聞こえる。PwC上海支社の公認会計士、高建斌氏によると、2014年の4-6月期は米国と中国のハイテク企業のIPOが非常に多く、米国は15社で全体の35%を占め、中国は14社で33%を占めたという。

※訳者注:中国株(上海および深セン)は人民元建ての取引の「A株」と外貨建て取引の「B株」があり、A株は中国人投資家の他、外国人は中国証券監督管理委員会(CSRC)の認定と国家外貨管理局(SAFE)の認可を受けた大手機関投資家のみがQFII(適格国外機関投資家)として取引が可能となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】中国の電子ペーパー最大手が脱・電子ペーパー専業を宣言
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連キーワード

中国 / アジア

関連記事

【中国電脳事情セレクション】中国ハイテク企業の9割が海外でIPOを実現、ほか中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

PAGE TOP