[ザ・プロジェクト]

AOKI、HTML5+Ajax+インメモリーでサクサク動く業務システム増殖中

オムニチャネル&業務改革を目指す5カ年システム刷新プラン

2014年10月17日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

AOKIは2014年6月に、オムニチャネル戦略を支える新しいシステム基盤を運用開始した。ポイントカードやメールマガジンなど、チャネルごとに分散していた顧客データベースを一元化。チャネルごとの顧客の動きを分析できるようにした。プロジェクトは情報システム部門が主導。インメモリーデータベースを活用し、スクラッチ開発でコストを抑えるなど、気になるポイントが目白押しの事例だ。AOKIホールディングスの日下康幸 情報システム本部・企画開発部長に話を聞いた。

日下氏AOKIホールディングス 情報システム本部・企画開発部長 日下康幸氏

―業務システムをリニューアルされたと聞きました。

 顧客データベースを作成し、社内に分散していた顧客情報を一元化しました。従来は、店舗、ダイレクトメール、メールマガジンなど、複数のチャネルで約1500万件の顧客情報を保持してきました。各データベースは独立しており、「お客様が何をご覧になって実店舗に来店しているか」といった分析はできていませんでした。今回の各チャネルのデータを統合し、可能な範囲で名寄せをしました。

 今後、顧客データベースをAOKIのオムニチャネル戦略の基盤として活用します。データを利用するためのシステムも順次整備しています。すでに、店舗での接客支援システムや、販売動向の分析システム、経営者向けのダッシュボードを構築しました。来年度には、ECサイトをリニューアルします。顧客データベースと連動して、ポイントや購入履歴を管理したり、商品をレコメンデーションしたりする予定です。

データベース統合のイメージ図:データベース統合のイメージ
拡大画像表示

―そもそものきっかけは何だったのでしょうか?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】短期集中のスクラッチ開発で、構築費用を9500万円に
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

AOKI、HTML5+Ajax+インメモリーでサクサク動く業務システム増殖中AOKIは2014年6月に、オムニチャネル戦略を支える新しいシステム基盤を運用開始した。ポイントカードやメールマガジンなど、チャネルごとに分散していた顧客データベースを一元化。チャネルごとの顧客の動きを分析できるようにした。プロジェクトは情報システム部門が主導。インメモリーデータベースを活用し、スクラッチ開発でコストを抑えるなど、気になるポイントが目白押しの事例だ。AOKIホールディングスの日下康幸 情報システム本部・企画開発部長に話を聞いた。

PAGE TOP