[事例ニュース]

みずほ銀行、Webサイト来訪者にチャットによるサポートを提供へ

2014年10月15日(水)IT Leaders編集部

みずほ銀行は2014年11月、チャットを使ったWeb上でのカスタマーサポートを開始する。同社のサイトを訪れた顧客が、よりスムーズに商品購入やサービス申し込みを完了できる環境を整備。売上拡大とコスト削減につなげることが狙い。業務を受託するトランスコスモスが、2014年10月14日に発表した。

新サービスの名称は、「みずほMessenger」。その開始に伴い、Webサイトにおける顧客の行動を解析するシステムを導入した。

新システムは、同一ページを何度も、あるいは長時間にわたって閲覧している顧客を自動判定。画面に「何かお困りですか?コミュニケーターにつなぎますか?」などのポップアップを表示。ユーザーが同意すると、担当者とのチャットを開始する。

チャットによるサポート実務はトランスコスモスに委託する。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 みずほ銀行
業種 金融
導入システム アクセス解析、チャット
導入目的 売上拡大、コスト削減
導入時期 2014年11月

 

関連キーワード

金融 / 銀行 / トランスコスモス / みずほ銀行

関連記事

みずほ銀行、Webサイト来訪者にチャットによるサポートを提供へみずほ銀行は2014年11月、チャットを使ったWeb上でのカスタマーサポートを開始する。同社のサイトを訪れた顧客が、よりスムーズに商品購入やサービス申し込みを完了できる環境を整備。売上拡大とコスト削減につなげることが狙い。業務を受託するトランスコスモスが、2014年10月14日に発表した。

PAGE TOP