[木内里美の是正勧告]

まやかしのダイバーシティ

2014年11月25日(火)木内 里美

外国人や高齢者、はたまた異端な人などの働く環境を整え、そうした多様な人がもたらす創造性や柔軟性を企業活動に生かしてこそ、ダイバーシティ企業と言える。言葉こそ流行れど、なかなか実態は伴っていない。多様性を模索する企業に必要なのは風土という体質の改善である。

 「ダイバーシティ」という言葉をよく耳にするようになった。9月3日に発足した第二次安倍改造内閣でも、女性閣僚を18名中5名(3割弱)指名するなど注目を浴びた(その後、残念なことが色々あったが)。情報産業も同じ、いや、むしろ横文字好きの情報産業の方がよく使っている言葉かもしれない。

 背景には人材不足があると言われる。日本が向かう急速な少子高齢化社会での労働力不足は、確実に深刻な社会問題になるだろう。しかし、ダイバーシティに関わる議論の中身に注目してみると、単に女性が働きやすい環境を開発する話が多い。言葉は時代と共に変遷していくので、ダイバーシティという言葉も適用が広がっているように思うのだが、労務問題へ偏っていることに違和感を覚える。

 英和辞書を紐解くと、ダイバーシティ(Diversity)とは「相違」「差異」「多様性」とある。もともとは米国における少数民族や女性に対する差別を排除する活動に端を発するようだ。ダイバーシティに取り組んだ企業が多様性を求める顧客ニーズにマッチし、業績に好影響を与えたことから経営革新手法としてダイバーシティ・マネジメントが注目されてきた経緯がある。

 このことから明らかなのは、外国人や高齢者、チャレンジドや異端な人などの働く環境を整え、そうした多様な人がもたらす創造性や柔軟性を企業活動に生かしてこそ、ダイバーシティ企業と言えることだ。女性の登用は間違いなくその一部だが、それだけが突出しているのは困ったものだ。働き方の多様性に目が向けられる中で、多様な労働形態と称して低賃金労働の若いワーキングプアを排出している現実もある。多様性を勘違いしてはならない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

まやかしのダイバーシティ外国人や高齢者、はたまた異端な人などの働く環境を整え、そうした多様な人がもたらす創造性や柔軟性を企業活動に生かしてこそ、ダイバーシティ企業と言える。言葉こそ流行れど、なかなか実態は伴っていない。多様性を模索する企業に必要なのは風土という体質の改善である。

PAGE TOP