[市場動向]

【座談会】主要ベンダーのPaaS戦略と普及の条件(第2回)

2014年12月4日(木)IT Leaders編集部

企業活動において、今後の原動力の1つになると期待されるPaaS(Platform as a Service)。日本市場においても、大手ITベンダー各社がPaaSあるいはPaaSを実現するための製品の投入に本腰を入れ始めた。各社はPaaSをどう位置付け、どのように日本で展開しようとしているのか。また利用する側はPaaSにどう対峙すべきなのか。日本オラクル、レッドハット、ピボタルジャパン、日本マイクロソフト(登場順)の各担当者が、それぞれの方針や利用拡大のための課題を語り合った。第2回は、利用企業にとってのPaaSの位置付けがテーマである。進行は川上潤司=IT Leaders編集長が務めた。(文中敬称略)

IT Leaders編集長、川上潤司(以下、ITL・川上) 第1回では、各社のPaaS戦略をうかがってきました。実は今日の座談会を迎えるに当たり、いわゆるユーザー企業のIT部門長といった方々数人に、PaaSのイメージを聞いてみたのです。彼らの考えとすれば、キーワード的には、DevOps(開発と運用の融合)に近いかと思いますが、それを実現するための仕組みとしてPaaSがあるのではないかという認識の人が多かった。

 つまり、他社との差異化を図るためのアプリケーションをどんどん開発したいけれど、昔のようにガリガリとは開発できない。クラウド上の部品やごくごく簡単な開発フレームワークなどを使って、アプリケーションを作っては市場の反応なりパフォーマンスなりを見ながら、とにかくチューニングしていきたいというわけです。

存在価値を高めたいIT部門がPaaSに触手?

 IT部門としては今後、アプリケーション開発に注力し、そこをIT部門の存在価値にしたい。ここに、PaaSが注目され始めた理由があるのではないかと思いますが、こうした認識は、みなさんどうなのでしょうか。

レッドハット、岡下浩明氏(以下、レッドハット・岡下) その通りだと思います。私がPaaSの話をする先には2つのレイヤーがあります。1つはPaaSを使う人のレイヤー、もう1つはPaaSという環境を提供したいという事業者、すなわち当社のパートナー企業さんのレイヤーです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】楽天は自社PaaSをOSSベースに自社で構築
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

【座談会】主要ベンダーのPaaS戦略と普及の条件(第2回)企業活動において、今後の原動力の1つになると期待されるPaaS(Platform as a Service)。日本市場においても、大手ITベンダー各社がPaaSあるいはPaaSを実現するための製品の投入に本腰を入れ始めた。各社はPaaSをどう位置付け、どのように日本で展開しようとしているのか。また利用する側はPaaSにどう対峙すべきなのか。日本オラクル、レッドハット、ピボタルジャパン、日本マイクロソフト(登場順)の各担当者が、それぞれの方針や利用拡大のための課題を語り合った。第2回は、利用企業にとってのPaaSの位置付けがテーマである。進行は川上潤司=IT Leaders編集長が務めた。(文中敬称略)

PAGE TOP