[新製品・サービス]

NEC、ビッグデータ活用や大規模統合基盤向けのエンタープライズサーバーを発売

2015年1月15日(木)IT Leaders編集部

NECは2015年1月15日、ビッグデータを活用した需要予測システムや、仮想化機能を活用した大規模な統合システム基盤の構築に適した、Linux対応のエンタープライズサーバー「NX7700x/A2080H-240」の販売を開始した。

 「NX7700x/A2080H-240」は、1CPUあたり最大15コアのインテルXeonプロセサ「E7 v2」ファミリーを16基(240コア)搭載できるほか、メモリー容量は最大12TBまで拡張できるなど、大規模演算処理を想定した拡張性を備える。代表的な用途として、エネルギーの需要予測やインフラ設備の劣化予測など社会インフラ分野のIT基盤、企業内の複数業務を運用する統合システム基盤などを挙げる。

 サーバー筐体に複数のブレードサーバーを搭載するクロスバー構造を採用、高さ18Uに最大8枚のブレードサーバーを搭載できる。物理パーティション機能により1/2/4/8ブレード単位で結合・分割でき、分割した各システムで障害が発生した場合でも、障害の波及や他システムの停止を回避できる。さらに、データ量の増加時にも、ブレードのパーティション区分を変更することで、最適な性能に合わせた拡張が可能だ。筐体内に「AnalysisEngine」を搭載、障害時に対象個所を特定し原因・対策を管理画面に表示する。

NX7700x/A2080H-240
拡大画像表示

 「NX7700x/A2080H-240」の価格は、4567万7800円(税別)からになる。
 

関連キーワード

NEC / サーバー

関連記事

NEC、ビッグデータ活用や大規模統合基盤向けのエンタープライズサーバーを発売NECは2015年1月15日、ビッグデータを活用した需要予測システムや、仮想化機能を活用した大規模な統合システム基盤の構築に適した、Linux対応のエンタープライズサーバー「NX7700x/A2080H-240」の販売を開始した。

PAGE TOP