[新製品・サービス]

NTTドコモ、受信時最大225Mbpsの「LTE-Advanced」を3月27日から開始

2015年2月26日(木)IT Leaders編集部

NTTドコモは2015年2月25日、LTEをさらに高速/大容量化した通信方式「LTE-Advanced」によるモバイル通信サービスを2015年3月27日に提供する予定だと発表した。全国22都道府県の都市部から開始し、2015年度には全国主要都市へ順次拡大する計画だ。

 LTE-Advancedは、複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」により高速化を図っている。3月のサービス開始時の受信時の最大通信速度は225Mbps(技術規格上の最大値)で、2015年度内には300Mbpsにまで高めるという。送信時の通信速度は最大50Mbpsである。

 利用できる対応機種は、まずはモバイルWi-Fiルーターのみになる。「Wi-Fi STATION HW-02G」(2015年2月18日発売)と「Wi-Fi STATION L-01G」(2015年3月発売予定)の2機種だ。2015年度早期にLTE-Advanced対応のスマートフォンを発売し、順次対応機種を拡大していく。

 LTE-Advancedでは、広域エリアをカバーするマクロセルに、局所的なエリアをカバーするスモールセルを追加する「アドオンセル」の導入により、通信トラフィックが集中するエリアでも高速な通信を可能にする。「高度化C-RAN(Centralized Radio Access Network:基地局制御部を集中設置するネットワークアーキテクチャー)」の導入により、キャリアアグリゲーションとアドオンセルの特徴を活かした通信を実現している。

関連記事

NTTドコモ、受信時最大225Mbpsの「LTE-Advanced」を3月27日から開始NTTドコモは2015年2月25日、LTEをさらに高速/大容量化した通信方式「LTE-Advanced」によるモバイル通信サービスを2015年3月27日に提供する予定だと発表した。全国22都道府県の都市部から開始し、2015年度には全国主要都市へ順次拡大する計画だ。

PAGE TOP