システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[ERP導入に失敗しない3つの条件、ベンダーの言いなりにならない真の活用に向けて]

【条件1】「人・もの・金」の体制作りを軽視しない

2015年3月17日(火)京セラコミュニケーションシステム(KCCS)ERP導入支援チーム

RFP(Request for Proposal:提案依頼書)を提示すれば、パッケージベンダーやITサービス会社からは、必要なプロジェクト体制や、スキルセットを有するコンサルタントや技術者が提案される。最近では、最終フェーズでプロジェクトマネジャーによるプレゼンテーションを必須にするなど、ユーザー企業は、ITサービス会社の力量を十分に吟味/選定し、プロジェクトをスタートさせている。にもかかわらず、開始1カ月で混乱をきたすような例もある。どこにボタンの掛け違えがあるのだろうか?

 ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージの導入に向けては、以下のような魅力的な効果が一般に強調され、導入側も期待している。

(1)統合パッケージとしての全体最適化
(2)業務プロセスのグローバルスタンダード/各国制度会計への対応
(3)標準で提供される豊富で実績のある機能群
(4)短期間での立ち上げ

 しかし、これらは、あくまでも「既製服に合わせる」という原則が大前提になる。そこでは、既製服に合わせることを逆手に取ったパッケージベンダーやITサービス会社の論理にも注意が必要だ。「現場の業務負荷が上がるシステムを渋々受け入れる」か「高額なアドオン費用を支払う」かの“究極の選択”を、引くに引けないタイミングで突き付けられることもある。

 「そんなことは百も承知」と思われるだろうが、実際のプロジェクトでは期待が膨らみ、プロジェクトの舵を失うことがしばしば起こってしまう。アドオン開発については次回に譲るが、舵を失う最大の原因は、ユーザー企業がプロジェクト体制を軽視しているからだ。失敗しないERP導入の第1ステップは、自社でのプロジェクト体制である。乗り越えるべき壁は、まず社内にあるわけだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】プロジェクト体制の4つのチェックポイント
  • 1
  • 2
バックナンバー
ERP導入に失敗しない3つの条件、ベンダーの言いなりにならない真の活用に向けて一覧へ
関連記事

【条件1】「人・もの・金」の体制作りを軽視しないRFP(Request for Proposal:提案依頼書)を提示すれば、パッケージベンダーやITサービス会社からは、必要なプロジェクト体制や、スキルセットを有するコンサルタントや技術者が提案される。最近では、最終フェーズでプロジェクトマネジャーによるプレゼンテーションを必須にするなど、ユーザー企業は、ITサービス会社の力量を十分に吟味/選定し、プロジェクトをスタートさせている。にもかかわらず、開始1カ月で混乱をきたすような例もある。どこにボタンの掛け違えがあるのだろうか?

PAGE TOP