システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[ERP導入に失敗しない3つの条件、ベンダーの言いなりにならない真の活用に向けて]

【条件3】プロジェクトの“本来の目的”を見失わない

2015年3月19日(木)京セラコミュニケーションシステム(KCCS)ERP導入支援チーム

ERP(Enterprise Resource Planning)導入で失敗しないための条件として、導入企業のプロジェクト体制と、バージョンアップやパッチ適用を前提にしたアドオン開発の方法の2つを挙げた。条件3は、ユーザー/ベンダーの垣根を越え、プロジェクト推進中の重要なイベントと分岐点を考えてみたい。

 ERP(Enterprise Resource Planning)の導入プロジェクトは、1年から数年を要するビックイベントだ。その過程では、“全体最適”を重点目標に掲げスタートしたものの、気が付けば“現場が要望する個別最適”な作業に追われていた、というケースが少なくない。

キックオフミーティングと重点目標定義の重要性

図1:プロジェクト目標の周知徹底にはオーナーの参画が不可欠図1:プロジェクト目標の周知徹底にはオーナーの参画が不可欠
拡大画像表示

 こうした事態を避けるためには、プロジェクト目標の周知徹底を全社に図らなければならない。その最大の機会がキックオフミーティングであり、そこでプロジェクトオーナー自らが目標/計画を伝えることが大きな意味を持ってくる(図1)。

 詳細はプロジェクトマネジャーが説明しても構わない。だが、ベンダーやITサービス会社がプロジェクトの計画を説明しているようでは、その段階で“黄色い信号”が点っているといっても過言ではないだろう。

 プロジェクトオーナーが自身の言葉で、自社が抱える経営課題やプロジェクトの目的、取り組み方針など説明することで、真の目的を共有するとともに、立ち戻るべき“原点”がプロジェクトメンバーに焼き付けられる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コンサルタントの力量がプロジェクトの方向性を左右
  • 1
  • 2
バックナンバー
ERP導入に失敗しない3つの条件、ベンダーの言いなりにならない真の活用に向けて一覧へ
関連記事

【条件3】プロジェクトの“本来の目的”を見失わないERP(Enterprise Resource Planning)導入で失敗しないための条件として、導入企業のプロジェクト体制と、バージョンアップやパッチ適用を前提にしたアドオン開発の方法の2つを挙げた。条件3は、ユーザー/ベンダーの垣根を越え、プロジェクト推進中の重要なイベントと分岐点を考えてみたい。

PAGE TOP